日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C 3輪PASワゴンの試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。


加入簡単な自転車保険 安心です

中古の電動アシスト自転車について

インターネットオークションなどを見ていると中古の電動自転車も出ています。値段もいろいろです。電動自転車の中古を買う場合、バッテリーの寿命が重要です。本体がいくら良くてもバッテリーの寿命が少ないとバッテリーを交換しなくてはいけなくなります。

バッテリーは20,000円くらいから40,000円近くするものもあります。本体を2万円くらいで買ってもバッテリーがだめだと4~5万円で買ったのも同然になります。

現実に当店でも車体がまだまだ使えるものがたくさん出ます。 販売する以上、すぐにだめになってはいけないのでバッテリーを交換すると、正直一番安いスタンダードタイプのPASが、もうちょっとで買える価格になります。それならその方が得になってしまいます。中古を買う場合はバッテリーの価格を計算に入れないと高いものになってしまいます。

電動アシスト自転車のバッテリー耐用年数、寿命について

メーカーによって違いますが、バッテリーの寿命は充電回数400回、耐用年数は2年くらいの目安とされています。使用状況、使用環境によってかなり差がでますが、使用方法で改善できることもあります。

ニカド、ニッケル水素バッテリーには、つぎ足した充電をすることで「メモリー効果」という症状が出ます。これは、充電されている電池の中に眠ってしまう部分ができてしまうことです。ニカド、ニッケル水素には避けられない特性なので仕方ありませんが、「できるだけ空になるまで使う」ことと「リフレッシュする」ことによってメモリー効果を少なくすることができます。頑固なメモリー効果ができてしまった時には、1回のリフレッシュでは回復できないので3回くらい続けてリフレッシュを行うことにより、メモリー効果を取り除ける場合もあります。

リチウムバッテリーは、メモリー効果がおきにくいのが人気ですが、リチウムの場合もバッテリーは「空になるまで使う」ことをお勧めします。充電を必要以上にすることは、バッテリーに負担をかけ、寿命を短くする原因になります。特に夏の炎天下で乗った直後はバッテリーの温度が下がった後で充電したほうがいいでしょう。

 

また、冷間時にもバッテリーは、本来の性能を発揮できないことがあり、寒い日の乗り始めにアシストが弱いと感じることがあるかもしれませんが、乗っているうちにバッテリーの温度が上がりアシストが戻ることもあります。これはバッテリに必要以上の負担をかけないように保護の為に制御しているためです。異常ではありませんので安心してお使いください。

電動アシスト自転車について、ご質問があるときは、お問い合わせください。

« 1 9 10 11

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.