日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C パナソニックXM2 3輪PASワゴン(固定金具あり、なし)ブリヂストンラクットワゴン(3輪)の試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。

 

お店のおすすめ

ご来店された方と話をしていると「どこのメーカーが一番いいですか?」という質問をされます。カタログ見ていろいろ見比べても品質的にどれがいいかは、本当によく知っていて本当のことを言ってくれそうな人に聞くのが良いですよね。でも、お店の人は良いものより自分が売りたいもの、または儲けの多いものを勧めるだろうということでお客様とセールスマンの駆け引きがあります。

「どこのメーカーが一番いいですか?」という質問の答えは乗る人によって変わります。最近「量販店に行ったらアシストが強いのは○○だから、ここのを買った方が良いと言われたけどどうなんでしょう?」とか言われますが、アシストが強いのはいいと思いますが、中にはアシストが強いと漕ぎ出しで飛び出すから怖いという人もいます。

アシスト力の強さはメーカーや車種によって違いますが、人間の力1に対してアシストは2までと決められています。じゃあ、どこのメーカーのどんな車種も2にしないのか(特に国産メーカーは2まで出していないものの方が多いです)。アシスト力を最大2までにすることは難しいことではありませんが強くすればするほど航続距離は少なくなります。そして強ければ飛び出す感じになって危ないこともあります。

国産の主要メーカーのものは、車種によってアシスト力を替えていたり同じものでも一定のアシスト力ではなく、アシスト力が必要なのは出だしと急坂ですので、出だしだけ強く走り出したら弱くするなど細かく制御しています。どれでも同じではなく乗った時に楽しく感じるものもありますし、出だしはやんわりとした味付けをしているものもあります。その乗る人の使い方などを聞いて、その人に合ったものを勧めてくれるお店が良いと思います。

中古の電動アシスト自転車

新車を買うほど使うか分からない、予算がないなどの理由で中古の電動自転車を探している方は少なくありませんが、中古なら安いと決まってるとか思うとそうでもありません。少し前にネットで中古の電動自転車を買ったという方が「防犯登録がしてほしい」とご来店されました。

防犯登録はしましたが「ところでいくらで買われたんですか?」と聞くと8万円だと言われました。「乗ってみたらバッテリーがダメだったのでバッテリーは新品で買った」そうです。その電動自転車に合うバッテリーは3〜4万円くらいですので、11~12万円ということになります。12万円出すなら新車の一番高いのが買えます。

前にも普通の自転車に乗ってるおばあちゃんに「もう電動自転車に替えたら?」と話しているうちに息子が「ネットのオークションで買ってくれた」らしいんですが500m乗るとバッテリーが切れるというので、これに合うバッテリーを取り寄せてほしいということで調べたら4万円でした。この電装自転車は2万円でオークションで買いましたが輸送に1万円かかって、合計で7万円です。でもせっかく息子が買ってくれたので乗るといってしばらく乗っていましたが、それもだめになって新車にしました。乗る距離と使い方を考えれば一番安いものでいいと7万くらいのものを勧めましたが、これに乗って「前のものより性能は良いしバッテリーも4倍くらい乗れると喜んでいました。

中古は現行モデルと比べて何年も前のモデルで、新しいものは性能が上がって安くなっています。パソコンなどと同じです。何十万もしたパソコンが数万でその頃より何倍もいいものが買えます。中古の電動自転車もおなじですから、ずっと乗るのであれば新車を買った方が得です。

ただ、人にはそれぞれ事情が違いますから、少しの間しか乗らないとか車の買い替えで間が空いてしまうとか、中には免停中だけなんて方もいます。中古は新車より少し安い程度なら新車を買った方が得です。

違いを説明してほしい

おかげさまで、かなり遠方からもご来店いただきます。実物が見たいという方や、違いを説明してほしいという方などが多いです。

「近くの店で○○と○○の違いを聞いたら『どちらも同じですから、お客様の気に入った方でいいと思います』と言われた」という方が結構多いです。どんなものにも良いところと良くないところがありますが、結局答えた店員さんは分からないし、知らないんだと思います。

あとは「どこのが一番いいですか?」という質問です。これは、お客様の使い方によって変わってきます。なので、どんな使い方をするのかこちらから聞きます。近くでお買い物しか使わない人にバッテリーの一番大きなものは必要ありません。普段はお買い物中心なのに、たまには自動車に乗せるかもしれないいう人が折り畳みタイプにすれば、ほぼ毎日のお買い物が不自由になります。折り畳みを選ぶ人の多くがカゴも欲しいと言われます。カゴを付ければ折り畳みもできなくなります。

何を重視するかです。そして最後は自分で決めることです。色も「何色がいいと思いますか?」というのも色は好みですから自分の好きな色でいいと思いますが安全面で言えば目立つ色の方が良いですよね。

違いを説明できるのは、いろいろ知ってないと説明できませんから説明できるってことは、なにか故障やトラブルがあった時にも対応ができるってことだと思います。

3輪の電動自転車

「もうそろそろ自転車も倒れるといけないので3輪にしたほうがいいかな?」と思われる方が高齢になってくると増えてきます。

3輪の自転車、電動自転車は前1輪後ろ2輪のタイプが多いんですが、この場合後ろ2輪は傾きませんが、前側の車体は自転車が曲がるときに傾けて走るように左右にスイングするようにできています。幼児の3輪車のように止まったまま乗っていたら倒れてしまいます。

固定金具をつければ左右にスイングするのを固定することもできますが、この状態で今まで2輪の自転車を乗っていた人が乗ると、曲がった逆の方に倒れてしまって、とても違和感のある状態になります。むしろ自転車に乗れない方のほうが乗りやすい かもしれません。3輪車をご検討の方は、一度試乗されてから購入される方がいいですね。

ブリヂストンのラクットワゴンという3輪電動自転車がありますが、これは他社のものと比べると乗りやすいです。なぜ乗りやすいのかはご来店いただければご説明いたしますが、乗り比べればわかります。この乗りやすさは個人差があって固定金具を付けると他のものと同じですが、固定金具を付けない場合で比べると明らかな違いです。

ブリヂストンの3輪

高齢者の自動車事故で免許返納が激増して、次の乗り物として3輪の電動自転車が候補に挙がりますが、3輪の自転車は転ばないと思っている人が多く、一般的には非常に乗りにくいものがほとんどです。ここでも必ず3輪の電動アシスト自転車を買う場合は、必ず試乗して乗れるか確かめてから購入をお勧めしています。

最近ブリヂストンから発売されたフロンティアラクットワゴンは今までの3輪自転車と比べ、非常に乗りやすいので人気です。それでも試乗してからの購入がお勧めです。

何が一番優先なのか

電動アシスト自転車を選ぶ際に、何を基準に選ぶのかというと多くの方はその自転車のデザインなのかなあと思います。アシストの強さ、本体の重量、扱いやすさ、バッテリーの大きさ、シートの低さ等々選ぶ基準はいろいろあると思います。

特に若い方は最後に迷うのはデザイン、スタイルが重要視されます。やはり乗っていてかっこいい方がいいですから。ただ、デザインを重視するあまり本当に自分に必要なポイントを無視すると使い勝手が悪かったりしますので、自分に気が付かないことはアドバイスしてもらった方がいいですね。

例えばサドルが柔らかくて、こちらの方が乗りやすいという理由で選んだりするのは、サドルは交換が簡単にできますからもっとほかのところを重視したほうがいいでしょう。

本格的スポーツ電動アシスト自転車

マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイクにも電動アシストの自転車があります。ヨーロッパではe-BIKEが日本よりも普及率は高くブームになっています。

スポーツ用の自転車に電動アシストがいるのか?という方がいますが、本当に体力があって自力でぐいぐい走る人には電動アシストは車重があるのでかえって邪魔になります。時速24キロまでしかアシストしませんので、それ以上の速度はただの重い自転車になってしまいます。ところが、普段運動不足だと感じている人や高齢の方には、この電動アシスト自転車が適度な運動で、普通のスポーツバイクはきつくて急に張り切って乗り始めると、かえって体を壊しそうになることが少なくありません。

かといって、高齢であってもかっこいいのに乗りたいと思う方は多く、スポーツタイプの電動自転車はぴったりで、乗ってみると楽しいので無理なく運動が続けられます。

電動アシスト自転車の中でもスポーツ用の電動アシスト自転車はまだまだ非常に少ないので展示しているお店が非常に少なく、実際に現物が見たくても探さないと見れないようです。当店にも遠方からご来店されるお客様も多く、試乗もできますのでご来店ください。

また、本格的にヤマハのYPJ XCのようなマウンテンバイクが乗れるコースも全国各地にありますのでご覧ください。ヤマハ YPJフィールドガイド

通学用電動自転車

高校の通学に電動アシスト自転車を使う人が増えています。今まで通っていた中学校より遠くなることが多いことや坂が多い学校など、バスを使うとバスの時間に縛られることや定期券の購入でお金がかかるということもあり、電動自転車の方が経済的で自由が利くというのも人気の理由です。

通学用に電動自転車を選ぶときには、学校までの距離によってバッテリーの大きさを気にした方がいい顔思います。例えば学校までの距離が8キロだとすると往復16Kmになります。バッテリーが30キロくらい走れる容量のものだと、次の日には若干足りないし心配になるので毎日充電になります。40キロ走れるものなら2日間走れます。二日に1度の充電でOKということになります。走れる距離は乗る人によって違ってきますが、少しそんなことも考えてバッテリーの容量も気にしてください。

あとは高校生は体力もあるので男の子などは変速ギヤも3段ではなく5段くらいあるとスピードを出した時には楽です。軽すぎてもペダルをくるくる回すことになるので疲れてしまいます。

免許返納された方が乗る電動自転車

最近では運転免許証を自主返納する方が増えてきています。実際には自主返納というよりも高齢による反応の悪さから息子、娘に「もう返納したら?」促されて返納することの方が多いように思います。そういった方たちはまだまだ元気なので、車が運転できなくなると自由にどこへも行けなくなってしまいます。じゃあ、電動自転車でも買うか!ということになるんですが、若いころには自転車に乗っていたから自転車に乗ることなんか全然大丈夫だと思っているんですが、免許証を返納してから自転車に久しぶりに乗ると、ふらふらして乗れない方が結構多いんです。

こうなるとタイヤが小さくて自転車が小さいものや三輪の自転車なら乗れるだろうと考えるんですが、タイヤが小さい自転車は良く言えば小回りが利くんですが、言い方を替えると安定感がありません。26インチに乗っていた人なら20インチにするよりも24インチくらいにした方がいい方も少なくありません。

3輪となると、これまた2輪よりも癖があります。3輪でも幼児用の3輪車とは違って乗っている部分が左右に傾きます。傾くから倒れないわけじゃないんです。倒れないように固定金具を付ければ傾かなくなるんですが、普通の自転車のようには乗れません。道路が傾いていれば傾いたままです。

この3輪の電動自転車は乗る人によって固定金具を付けた方がいいか、つけない方がいいかは乗る人によって違います。理屈じゃなくて乗る人それぞれの感覚です。乗れる人もいれば、どちらも乗れない人もいます。乗ってみないとわかりません。買う前には試乗してみないと買っても乗れないままになります。乗れない確率が高いです。でも、コツがありますのでコツさえつかめば乗れる人も増えるんじゃないかと思います。

子乗せ用電動自転車

子どもを自転車に乗せる場合、子供を一人だけ乗せるのであれば子乗せ専用の自転車でなくてもチャイルドシートを付ければ大丈夫です。子どもを二人載せるときには3人乗り対応のものでないと法律違反になります。

子乗せ専用のものは子どもを乗せるためにいろいろな機能が付いているので安心ですが、価格も高いので普通の電動自転車にチャイルドシートを付けた方が価格的には安く済みます。子乗せ専用が14万円くらいしますが、一般的な物ならチャイルドシートを付けても10万円で収まるものもあります。

ただスタンドは安定感のあるものに交換した方が安心ですし、お母さんがスタンドを立てるときにも楽です。

人はみんな好みが違う

「私にはどれがいい?」とよく聞かれます。使い方、年齢、性別、身長、体格、体力は人によって違うので、どれがいいかは違います。この人にはこちらがいいと思っても試乗してみると、思ってたのと違う方を選ぶ方もいます。結局最後は自分で選んでいただくしかありませんが、試乗の際にも乗った時にここを気にしてくださいというチェックポイントなどがあります。

例えば電動アシスト自転車だから上り坂の力強さだけを感じるのではなく、若い方なら平たんなところでは軽ければいいというわけではありません。軽すぎるとペダルをいっぱい回さないといけないので疲れてしまいます。変速ギヤが多いものも候補に入れてみるのもいいでしょう。

高齢になると軽くて取り回しの楽な小さな小径車がいいと言われますが、小径車は大きなタイヤの自転車より小回りは効きますが安定感がなくなります。これも乗る人によって感じ方がずいぶん違います。

最後は何といってもデザインを気にする方が多いです。どうせ乗るならかっこいい方がいい。その中で乗りやすさを選ぶ。どこを重視するかを重視して試乗しましょう。

ちゃんとした物を買うのが一番安い

電話やメールでお問い合わせがよく来ます。「通販で3万円で買った電動自転車が充電できなくなった」「1回目は充電できたけど2回目充電できなくなった」とか。

買ったところに聞いてみたらどうですか?と聞くと「連絡が取れない」というのが多いようです。しかも有名な通販サイトで買ってもです。連絡が取れないというのは、販売した方が粗悪なものだとわかって売っているということだと思います。

そして中古をネットオークションで買った場合。出品する方はもう使えないものでも捨てるなら部品取りで使ってもらえばいいと出品しているかもしれません。オークションは自分が買う値段を決めているわけですから高くても文句は言えません。

中古を買った方が防犯登録をしてほしいとご来店されました。「これはいくらで買われたんですか?」と聞くと8万円だと言われました。8万円は高いなと思いましたが「バッテリーもダメだったのでバッテリーも新しいのを買った」そうです。バッテリー代を足すと新型の新車の一番いいのが買えます。

普通に使うものなら8万円台で新車が買えます。モーターもバッテリーも今は3年保証がついています。中古を買うのはちゃんとしたもので安くないなら新車を買ったほうが安く済みます。

おしゃれな小径車

電動自転車もいろいろなタイプが出てきてタイヤが20インチくらいの小径のおしゃれなタイプが年齢層にかかわらず人気があります。特に女性に人気があります。小径の自転車は小回りが利くので街中を走るのには取り回しも楽です。

小径車を考える方の多くが「小さなタイヤだとペダルをいっぱい回さないと進まない」と思っていらっしゃいますが、電動でない普通の自転車でも、ちゃんと設計された小径車はギヤ比が考えられているので大きなタイヤの自転車と同じように進みます。

小回りが利くのは反面人によっては安定性が良くないと感じる人もいます。長い距離を走る人には大きなタイヤのほうが安定感があります。同じ小径車でも前傾姿勢になるものや、その人には感覚的に好き嫌いがあります。

小径車は車に積みやすいとか、置き場所のスペースなど利点もありますが荷物は多く詰めないなどのデメリットもありますので自分の用途を考えて購入してください。

試乗のポイント

電動自転車を選ぶ際に試乗するのは重要なことです。アシストが強いタイプを選んだ方がいいのかは、自分の体力や使用する地形にもよります。一般的なアシスト力で充分なことも少なくありません。

とても急な坂道を登らなければならない場合は、アシスト力を試してみた方がいいでしょう。急な坂道が少なく、長い距離を走りたい人は、ある程度長い距離を走ってみるとアシスト力よりもタイヤの大きさによる安定性やスピードを出した時の変速ギヤの具合などを感じてみましょう。

体力のある男性が長距離を乗る場合平たんな道で速度が出た時、3段変速の一番重いギヤでも足りなくてもっと上のギヤが欲しいと思うことがあります。こんな時には変速の多い5速などのものを選んだ方がいいでしょう。自分に合った試乗をしてください。

失敗しないために

当店のHPを見てメールや電話で質問や相談をされる方で多いのがネットであまり有名じゃないメーカーの物を買って相談される方です。「5年保証ということで買ったんだけど1年経つ前にダメになった。問い合わせても全てメールでのやり取りのみで、ほとんどつながらない」「購入後最初は充電ができたが、2度目の充電ができない」「スイッチは入るがアシスト感がほとんどない」などなど。

ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンのことでしたらわかりますが扱っていないメーカーのことはわかりませんので「メーカーか販売したところに聞いてみましたか?」と聞くとほとんどの場合連絡が取れないことのようです。いくら保証期間が付いていても直してもらえなければ保証とは言えません。珍しい話ではありません。

電動自転車はいくら安くても使えないものは無駄になるだけです。それに日本の法律に適合していないものが多く、どこかに小さく「公道では乗れません」と書いてあるものが多く、万が一商品に問題があって事故があった時にも製造者の責任ではなく乗っていた人の責任になります。

1 2 3 8 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.