日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C 3輪PASワゴンの試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。


加入簡単な自転車保険 安心です

免許返納された方が乗る電動自転車

最近では運転免許証を自主返納する方が増えてきています。実際には自主返納というよりも高齢による反応の悪さから息子、娘に「もう返納したら?」促されて返納することの方が多いように思います。そういった方たちはまだまだ元気なので、車が運転できなくなると自由にどこへも行けなくなってしまいます。じゃあ、電動自転車でも買うか!ということになるんですが、若いころには自転車に乗っていたから自転車に乗ることなんか全然大丈夫だと思っているんですが、免許証を返納してから自転車に久しぶりに乗ると、ふらふらして乗れない方が結構多いんです。

こうなるとタイヤが小さくて自転車が小さいものや三輪の自転車なら乗れるだろうと考えるんですが、タイヤが小さい自転車は良く言えば小回りが利くんですが、言い方を替えると安定感がありません。26インチに乗っていた人なら20インチにするよりも24インチくらいにした方がいい方も少なくありません。

3輪となると、これまた2輪よりも癖があります。3輪でも幼児用の3輪車とは違って乗っている部分が左右に傾きます。傾くから倒れないわけじゃないんです。倒れないように固定金具を付ければ傾かなくなるんですが、普通の自転車のようには乗れません。道路が傾いていれば傾いたままです。

この3輪の電動自転車は乗る人によって固定金具を付けた方がいいか、つけない方がいいかは乗る人によって違います。理屈じゃなくて乗る人それぞれの感覚です。乗れる人もいれば、どちらも乗れない人もいます。乗ってみないとわかりません。買う前には試乗してみないと買っても乗れないままになります。乗れない確率が高いです。でも、コツがありますのでコツさえつかめば乗れる人も増えるんじゃないかと思います。

子乗せ用電動自転車

子どもを自転車に乗せる場合、子供を一人だけ乗せるのであれば子乗せ専用の自転車でなくてもチャイルドシートを付ければ大丈夫です。子どもを二人載せるときには3人乗り対応のものでないと法律違反になります。

子乗せ専用のものは子どもを乗せるためにいろいろな機能が付いているので安心ですが、価格も高いので普通の電動自転車にチャイルドシートを付けた方が価格的には安く済みます。子乗せ専用が14万円くらいしますが、一般的な物ならチャイルドシートを付けても10万円で収まるものもあります。

ただスタンドは安定感のあるものに交換した方が安心ですし、お母さんがスタンドを立てるときにも楽です。

人はみんな好みが違う

「私にはどれがいい?」とよく聞かれます。使い方、年齢、性別、身長、体格、体力は人によって違うので、どれがいいかは違います。この人にはこちらがいいと思っても試乗してみると、思ってたのと違う方を選ぶ方もいます。結局最後は自分で選んでいただくしかありませんが、試乗の際にも乗った時にここを気にしてくださいというチェックポイントなどがあります。

例えば電動アシスト自転車だから上り坂の力強さだけを感じるのではなく、若い方なら平たんなところでは軽ければいいというわけではありません。軽すぎるとペダルをいっぱい回さないといけないので疲れてしまいます。変速ギヤが多いものも候補に入れてみるのもいいでしょう。

高齢になると軽くて取り回しの楽な小さな小径車がいいと言われますが、小径車は大きなタイヤの自転車より小回りは効きますが安定感がなくなります。これも乗る人によって感じ方がずいぶん違います。

最後は何といってもデザインを気にする方が多いです。どうせ乗るならかっこいい方がいい。その中で乗りやすさを選ぶ。どこを重視するかを重視して試乗しましょう。

ちゃんとした物を買うのが一番安い

電話やメールでお問い合わせがよく来ます。「通販で3万円で買った電動自転車が充電できなくなった」「1回目は充電できたけど2回目充電できなくなった」とか。

買ったところに聞いてみたらどうですか?と聞くと「連絡が取れない」というのが多いようです。しかも有名な通販サイトで買ってもです。連絡が取れないというのは、販売した方が粗悪なものだとわかって売っているということだと思います。

そして中古をネットオークションで買った場合。出品する方はもう使えないものでも捨てるなら部品取りで使ってもらえばいいと出品しているかもしれません。オークションは自分が買う値段を決めているわけですから高くても文句は言えません。

中古を買った方が防犯登録をしてほしいとご来店されました。「これはいくらで買われたんですか?」と聞くと8万円だと言われました。8万円は高いなと思いましたが「バッテリーもダメだったのでバッテリーも新しいのを買った」そうです。バッテリー代を足すと新型の新車の一番いいのが買えます。

普通に使うものなら8万円台で新車が買えます。モーターもバッテリーも今は3年保証がついています。中古を買うのはちゃんとしたもので安くないなら新車を買ったほうが安く済みます。

おしゃれな小径車

電動自転車もいろいろなタイプが出てきてタイヤが20インチくらいの小径のおしゃれなタイプが年齢層にかかわらず人気があります。特に女性に人気があります。小径の自転車は小回りが利くので街中を走るのには取り回しも楽です。

小径車を考える方の多くが「小さなタイヤだとペダルをいっぱい回さないと進まない」と思っていらっしゃいますが、電動でない普通の自転車でも、ちゃんと設計された小径車はギヤ比が考えられているので大きなタイヤの自転車と同じように進みます。

小回りが利くのは反面人によっては安定性が良くないと感じる人もいます。長い距離を走る人には大きなタイヤのほうが安定感があります。同じ小径車でも前傾姿勢になるものや、その人には感覚的に好き嫌いがあります。

小径車は車に積みやすいとか、置き場所のスペースなど利点もありますが荷物は多く詰めないなどのデメリットもありますので自分の用途を考えて購入してください。

試乗のポイント

電動自転車を選ぶ際に試乗するのは重要なことです。アシストが強いタイプを選んだ方がいいのかは、自分の体力や使用する地形にもよります。一般的なアシスト力で充分なことも少なくありません。

とても急な坂道を登らなければならない場合は、アシスト力を試してみた方がいいでしょう。急な坂道が少なく、長い距離を走りたい人は、ある程度長い距離を走ってみるとアシスト力よりもタイヤの大きさによる安定性やスピードを出した時の変速ギヤの具合などを感じてみましょう。

体力のある男性が長距離を乗る場合平たんな道で速度が出た時、3段変速の一番重いギヤでも足りなくてもっと上のギヤが欲しいと思うことがあります。こんな時には変速の多い5速などのものを選んだ方がいいでしょう。自分に合った試乗をしてください。

失敗しないために

当店のHPを見てメールや電話で質問や相談をされる方で多いのがネットであまり有名じゃないメーカーの物を買って相談される方です。「5年保証ということで買ったんだけど1年経つ前にダメになった。問い合わせても全てメールでのやり取りのみで、ほとんどつながらない」「購入後最初は充電ができたが、2度目の充電ができない」「スイッチは入るがアシスト感がほとんどない」などなど。

ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンのことでしたらわかりますが扱っていないメーカーのことはわかりませんので「メーカーか販売したところに聞いてみましたか?」と聞くとほとんどの場合連絡が取れないことのようです。いくら保証期間が付いていても直してもらえなければ保証とは言えません。珍しい話ではありません。

電動自転車はいくら安くても使えないものは無駄になるだけです。それに日本の法律に適合していないものが多く、どこかに小さく「公道では乗れません」と書いてあるものが多く、万が一商品に問題があって事故があった時にも製造者の責任ではなく乗っていた人の責任になります。

高齢者にはシンプルな物を

高齢者になってくると皆さん言われることは、体力の衰えによって自信がなくなってくることです。もう少し小さいのがいいとか、もう少し軽いのがいいと言われます。軽くなるのは良いんですが、大きさは急に小さくしすぎない方がいい場合が少なくありません。

今まで乗りなれてきた大きさと同じものでも、少し違うと乗りにくいと言われます。タイヤの小さな小径車は取り回しは楽になりますが、乗った時の安定感は大きなタイヤの方があります。小さいタイヤの自転車にするとふらふらして怖いと言われる方が多いです。26インチに乗っていた方なら20インチより24インチくらいにした方が心配なく乗れる場合があります。もちろん個人差があるので20インチの方がいい方もいます。現物を見て選んでください。

電動自転車が得意な販売店

 

電動アシスト自転車は今はどこでも買えます。街の自転車屋さん、バイクも扱っている自転車屋さん、大手スーパーの中の自転車屋さん、チェーン店の自転車屋さん、インターネット専門の自転車屋さん。

どこも売るのに関しては価格の差があっても専門です。自転車屋さんですから。電動自転車も自転車本体部分は普通の自転車ですからタイヤがパンクしたとかカゴが曲がったとかの修理はしてくれますが、モーター、バッテリー、充電器のことに関しては不得意なお店もあります。

「充電ができなくなったので、バッテリーか充電器かどちらが悪いのか見てほしい」とバッテリーと充電器を持ってこられました。ちょうど良品の充電器があり充電ができたので「悪いのは充電器ですね」と答えると「大きなお店で買ったんだけどウチではわからないと言われた」そうです。

販売したお店なんだから、わからなかったらメーカーに相談するとか、預かって調べるとかしないといけませんよね。タイヤを交換してもらったら、それからアシストしなくなったという方もいました。数軒回ったけど直らなかったので当店に来られました。見た瞬間にわかりました。チェーンがいっぱい引っ張ってあるのにゆるかったので、アシストをするドライブギヤにチェーンがかかっていないんだなと思いました。5分もかからずに直りました。

バイク屋さんはモーター関係のメカには強いんですが車輪のリムとスポークを組むのは自転車屋さんの方が上手です。事故関係の保険や示談交渉などもバイク屋さんの方が慣れています。どんなお店でも得手不得手があります。どんな自転車でも、少し調整をするだけでぐんとよくなります。

何を選べばいいのか分からない

自転車といっても高額なものなので失敗したくないということで、自分に合ったものや性能に関して調べているうちに、何がいいのかわからなくなってしまったといわれる方がいます。

どれも同じじゃないので詳しく調べているうちに訳が分からなくなって面倒になってしまうことあります。バッテリーの容量もどれくらいの物ならいいのか見当がつかないかと思いますが、目的が周囲2~3キロの近所のお買い物でしたら乗る距離は5キロくらいで多くて10キロくらいですから6Ahくらいのものでも普通に困らないレベルです。

でも通勤や通学で使う場合は、お買い物でランダムに使う場合と違って走る距離が決まっているので30キロ走れるバッテリーで往復20キロだと10キロ分の1/3を残して充電することになります。1日は持つけど2日は持たないというような容量より2日か3日乗乗れるくらいの容量の方が充電回数も少なくて済むのでいいと思います。

パンフレットに記載してある走行できる距離は、あくまでも目安です。平たんばかりの地形なら、それより多いかもしれません。急な坂道ばかりならそれより少ないし乗る人の体重や乗り方も影響します。心配な方は少し大きめを選べばいいと思いますが、10年くらい前は電動自転車4Ah位が標準で、それでも長距離を走らなければ普通に5年くらいは使えていた方が多いと思います。

選ぶポイントは自分にはどれだけのパワーが必要なのか、体格に合ったものはどれか、必要なバッテリーの容量がどれくらいなのか。あとは好みのデザイン、子乗せタイプなら自分が安心できる乗りやすさを重視してもらえばいいと思います。

 

1 2 3 11 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.