ここ最近の高齢者の事故で、免許証の返納が急激に増えています。皆さんテレビのニュースを見て「怖くなった。自分も事故しないうちに返納する」という方が車がなくなると身動きが取れないということで、代わりに電動自転車の購入を考えられます。

多くの方が80歳を超えた方が多いんですが、早い方で60,70歳代の方もおられます。85歳くらいになって自動車ばかり乗って運動をしていなかった方などは、自転車の乗ろうと思ってもふらふらして乗れない方が少なくありません。

自信がないからタイヤの小さな低いのにしようとして、あまり小さくしすぎると安定感がなくまっすぐ走れなかったりします。今まで26インチくらいの自転車に乗っていた人が20インチくらいにするよりも24インチくらいにしておいた方が乗りやすかったりします。

あまりシートを低くしすぎると、今度はペダルに足を乗せるのに膝を高く上げないといけなくなり、そこまで足を上げるのが大変そうな方が多いんです。結局体が硬くなっているんですね。

車を運転している時にもバックで後ろを振り返ってみるときや駐車場で駐車券を取ろうとするとき、乗車の際にシートベルトを引っ張るとき、体ごと動かないとできません。まあ、それがペダルの史間違いになるんでしょうけど、普段からの少しの運動が大きな差になるようです。

さて、そこで皆さん3輪の自転車なら転ばないから大丈夫だろうと考えるわけですが、3輪でも転びます。前が左右に動きますから自転車のように傾けて曲がります。傾かないように固定金具を付けられますが、それはそれで乗りにくいので多くの方が試乗して乗れないことを実感します。

それが最近ブリヂストンから出たラクットワゴンという3輪が非常に今までのものより乗りやすい。ペダルの付いているクランクの長さも短いので膝もそんなに上まであげなくてもいい。乗ってみてください。