日進市の電動アシスト自転車販売店

知っておきたい豆知識

電動アシスト自転車の豆知識

あまり教えてもらえない、電動アシスト自転車をずっと扱い続けてきたプロが教える、プロ目線での豆知識。ご参考にしてください。また、ご質問などもございましたら、できる限りお答えします。

ご質問はこちらから


加入簡単な自転車保険 安心です

 

電動自転車を買う前に・・・

決して価格だけで選ばないようにしましょう。メーカーによる性能がすごく違います。アシスト感とか、バッテリーの寿命など、なにより自分の使用にあわせたモデルを選ぶことが重要です。いくら安いものを買ったつもりでも使えないものでは結構高いものにつきます。

電動自転車は高齢者の運動にも最適です。運動にならないという方がいますが、無理なく有酸素運動ができます。

また、高齢者の方はカタログ上のスペックよりも、使い勝手の良い物を選ぶことが大切だと思います。アシストが自然であること、自転車全体の重量バランス、使い勝手などは乗ってみて始めてわかります。年齢を重ねて力がなくなってくると、少しの違いが大きな違いに感じます。これは、若い方にはわからない違いです。

「買ってよかった」といわれる物を選んでもらえると嬉しいと思います。

電動アシスト自転車の性能について

カタログ上のスペックをみると、どれだけ走れるとかバッテリーの容量とかが気になるはずです。車種を決める場合、やはりカタログの記載内容を見るのが通常です。しかし、カタログ上では分からない乗ってみて始めて分かるものがあります。

例えばバッテリーやアシストするメカが中央に集中して重量バランスがいいとか、スイッチ類の使いやすさなど。また、バッテリー1回の充電でどれだけ走れるかは使う人にとって重要でありますが、それがどれだけの期間持続するかはメーカー、車種によってばらつきがあるのが現状だと思います。

 

バッテリーの寿命は約400回の充電回数が目安とされています。リチウムバッテリーは継ぎ足し充電をしてもいいとされていますが、継ぎ足し充電をしてもメモリー効果が出にくいということで、やはり使い切った方がバッテリーの寿命は長いと思います。

携帯電話も以前は二カドバッテリーでした。その時は毎回充電しているとすぐに使えなくなってしまいました。これは残った電気がどんどん継ぎ足していくことで眠ってしまって使えない電気になってしまうメモリー効果というものです。

リチウムはメモリー効果が出にくいんですが、充電のし過ぎはバッテリーに負担をかけることになります。少し乗って充電でも1回の充電で、400回なら毎日乗ると1年と少しで寿命が来ることになります。

 

アシストする力は、人が踏む力と同じだけするのが上限で、人に力:アシストの力=1:1です。アシストは1を超えてはいけない。免許がいらない上限です。速度が増すにつれてアシストを弱くしていくのが一般的です。強くすればするほど走行距離は短くなります。

アシストの味付けが重要で、踏み出しに強く、かつ自然であること。踏み込んでから間を置いて「ぐっ」っとくるものは乗りづらいです。こんな感じで、電動自転車は使ってみて始めて感じる「使いやすさ」があります。

« 1 6 7 8

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.