日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C 3輪PASワゴンの試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。


加入簡単な自転車保険 安心です

タイヤの大きさ

タイヤが小さいほうがいいのか大きいほうがいいのか、タイヤが小さいと車体も小さくなるので取り回しが楽です。乗った時も小回りが利きます。狭い道や障害物をよけて走るような道では走りやすいです。でも、長い距離をまっすぐ走り続けるのには小回りが利く反面直進安定性がないのと、小径のタイヤはほうが道路の凸凹拾いやすく段差があるとショックがあります。

大きなタイヤは細かい凸凹は乗り越えていきますので乗りごこちがよくスピードを出してまっすぐ走るのには向いています。また、置き場所の事情も人それぞれなのでタイヤの大きさはその人の使い方や体格など人によって違うはずです。

「折り畳みがいい」という方になぜ折り畳みがいいのか聞いてみると、万が一の時には車に積むことができるというのが多くの理由ですが、そんなに車に積むことがあるのかを聞いてみると1年によくあって1回もしくは積んだことがないと言われる人が多いものです。

車に積むことがほとんどないのに、折り畳みにして「カゴがない、荷物が積めない、乗りにくい」と普段の使い勝手を犠牲にしてまで折り畳みにする必要があるのか聞くと「そりゃそうだね」といわれます。電動自転車は使ってみると思っていたより便利に使えます。使う用途を重視するのがいいと思います。

3人乗り対応自転車

最近では子供乗せ用の自転車もおしゃれなデザインのものが増えてきました。子供を2人乗せる場合には幼児2人同乗対応の自転車でないと違反です。気を付けないといけないのは子供は、当たり前ですが子供は大きくなるということです。

今現在1歳と3歳でも上の子が6歳の時には下の子が4歳です。その時まで乗せてもお母さんが安心して乗せられる物。下の子が4歳になった時に前に乗せられるかを想定してみてください。お母さんの体格、子供さんの年齢差など考えてみてください。

乗ってみればイメージがわく

電動自転車の購入を考えたときに、安いものではないので失敗したくない。パンフレットを見てバッテリーの大きさ、アシストの強さを比べたりしてみることになりますが、実際に乗ったことがない人は実際にはアシストがどれくらいのものなのかを知りません。

実際に坂道を試乗してみると「思っていたよりすごい」とか「カルチャーショックだ」何ておっしゃる方もいます。実際に感じてみると自分にはこれくらいのもので十分だとか、子乗せモデルなどは重量があって大きさもあるから自分はこちらの方がいいと感覚的にわかります。

特に3輪の電動アシスト自転車は、自転車に乗るのが大変になってきたから3輪なら倒れないからいいだろうと考える人が多く、実際に乗ってみると3輪は自転車より乗りにくく、自転車に乗れる人には乗れないことがあります。むしろ自転車に乗れない人のほうが乗れる場合が多いです。3輪は必ず試乗してからの購入をお勧めします。

購入する人もそうですが、販売する側もわかっている人とそうでない人では違います。 納得して購入してください。

電動アシスト自転車は誰にでも楽なわけではない

人はみんな歳も違うし体力も違います。身長だって人それぞれです。電動アシスト自転車は時速24キロまではアシストしてくれますが、それ以上の速度はアシストしませんから時速24キロ
以上で走る場合は電動アシスト自転車じゃなくてもいいわけです。

そして体力のある若い男性が長距離を走る場合、同じ3段変速や5段変速でも軽いギヤより上の重いギヤ、速く走れるギヤが欲しいんですが速度が出てくると足がいっぱい廻っていても進んでいかないので疲れてしまいますがスピードを出さない人には充分な場合もあります。

スポ^-ツとしてロードバイクで走っている人から見れば、24キロ以上アシストしない電動自転車は重い自転車でしかないわけです。それでも長くて急な坂が続くところでは、力の弱い人でも体力のある人を抜いて行けたりします。

そして電動アシスト自転車はどこのどれでも同じかというと性能の差があって、本当にひどいものは普通の道路を走っていても電動でない自転車のほうがましなものがあります。これは現物を見て買えば失敗することはないかもしれませんが「2万円くらいだから失敗しても」と思って買ったりすると、何にも使えない2万円のゴミになります。

通勤・通学に電動自転車で

最近は通学でも自転車ではきついということで、電動自転車を使う人が増えてきています。通勤でも交通費の節約と運動のために普通の自転車では汗をかきすぎるということで電動自転車を使う方が増えてきています。

そんな時に距離と交通費がいくらくらいかかるのかを調べられるのがヤマハのホームページの中「通勤・通学比較シミュレーション」

どれくらいの距離でどれくらいの時間がかかるのか、交通費はいくらくらいなのかが調べられます。

試乗のときは最強モードで

新基準のアシスト力とか車種によるアシスト力を比べる場合、基準は最強のモードつまり強モードやパワーモードで試乗してください。標準モードやエコモードはそこからどれだけアシストを少なくして走れる距離を伸ばしたり残量の電気の消費を少なくしたいときのモードです。

したがってアシストが強い車種であってもエコモードは他の物や古い機種より弱いということもありますので、乗り比べる際の基準にはなりません。最強モードで乗って「自分にはこんなに強くなくてもいい」という場合には下の機種にしても良いし、できる限る強いのが必要な方はアシスト力の強いものを選ぶべきで、それはエコモードや標準モードで試乗すると参考にはなりません。

やはり比べる場合は、同じ場所で比べる自転車もしっかりと空気圧も調整したうえで乗ってみないと分かりません。空気圧だけで乗った感じは全然違いますから。

お勧めの電動自転車

「お勧めの電動自転車はどれですか?」と言われると「はい、これです」と言うわけにはいきません。電動アシスト自転車は人が踏んだペダルの力をセンサーで読み取ってその力と同等またそれ以上の力をモーターでアシストしてくれる自転車ですが、ペダルを踏む力は人によって違います。

したがって同じ坂を登るのにも、その坂が全体で10の力を必要とする坂なら5くらいの力が出せないと登れないわけです。でもアシストの力が強いものであれば登れることになります。また、そんなにスピードを出さない女性の方なら3段変速で十分でも力のある男性が乗ると一番重いギヤを使っても軽すぎてもっと上のギヤが欲しい場合があります。ハムスターみたい足がくるくる早く回って疲れてしまうような場合です。

人によってお勧めの自転車は違います。坂の具合も違うし、乗るのが短距離か長距離なのか荷物は多いのか重いのかなど。きっと自分に合ったものがあるはずです。運動の為に乗る場合は乗って楽しいことも重要です。楽しければ長く続けられます。

3輪の電動自転車

「もうそろそろ自転車も倒れるといけないので3輪にしたほうがいいかな?」と思われる方が高齢になってくると増えてきます。

3輪の自転車、電動自転車は前1輪後ろ2輪のタイプが多いんですが、この場合後ろ2輪は傾きませんが、前側の車体は自転車が曲がるときに傾けて走るように左右にスイングするようにできています。幼児の3輪車のように止まったまま乗っていたら倒れてしまいます。

固定金具をつければ左右にスイングするのを固定することもできますが、この状態で今まで2輪の自転車を乗っていた人が乗ると、曲がった逆の方に倒れてしまって、とても違和感のある状態になります。むしろ自転車に乗れない方のほうが乗りやすい かもしれません。

ということで、3輪車をご検討の方は、一度試乗されてから購入される方がいいですね。

アシストの強さ

電動アシスト自転車のアシストの強さは、法律で時速10キロまでは人間の力1に対して2まで。それ以上は徐々に弱くして時速24キロで0にしないといけません。

実際にはアシストの力は電動自転車によって違います。アシスト力を強くすれば、当然航続距離が短くなってしまいます。できるだけ強くて、できるだけ長く走れるものがいいんですが、実際には1:2までのアシスト力は、よほどの急な坂か力の弱い方以外は必要ありません。

そして1:2のアシスト力というものでも乗ってみると同じではありません。アシストの出力は出だしが一番感じます。走り出してしまえばアシストが弱くてもそれほど感じません。アシスト力のパワーの出し方がメーカーのノウハウで出だしは強くして走り出したら少し弱くするというようなことを実際にはコンピューター制御しています。

カタログ上のスペックを見るとバッテリー容量が○○Ahでアシスト力は1:2とか書いてありますが使ってみるとパワーも乗れる距離も違ったりします。もっと重要なのは自然なアシスト感です。

ペダルを漕ぎ出したのと同時にアシストするのか、ペダルが半回転くらいしてからグッと力が出るのかでは大きな違いがあります。重たい荷物や、子供を乗せたようなときに上り坂の途中で止まって、次に漕ぎ出すときなどの場合、後からアシストが来るものでは登れません。

試乗する場合には、こんなことも気にして試乗してみてください。

安い電動自転車はランニングコストが高い

色々な電動アシスト自転車があります。リチウムバッテリーで容量が8Ah以上あって価格は5万円台から6万円くらい。なかには3万円台も物まであったりします。

これだけ見れば、この価格なら良いかと思ったりするのも無理はないかもしれませんね。電動アシスト自転車は電気の力が助けてくれますから、基本的には普通の自転車と乗り比べれば、どんな物でも楽だと感じるはずです。100mでも走ってみれば「これでいい」と思うかもしれません。

ところが実際に買って使ってみると、アシストの反応が悪くて坂道の途中からでは漕ぎ出しできないとか、走行距離が表示よりも少ない、バッテリーの寿命が1年ちょっとしか持たない・・など、ちゃんとしたものと比較してみると格段の差があるのが使ってみて初めて分かります。

結局ランニングコストを考えると、安いどころか格段に高くなります。それに快適さが比較にならないほど違うので、安いと言ってもうん万円ですから少し頑張っていいものを選んでください。それが一番安くつきます。

« 1 2 3 4 9 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.