日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C 3輪PASワゴンの試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。


加入簡単な自転車保険 安心です

高齢者に電動自転車は危険なのか

新聞やテレビのニュースなどでは高齢者の自動車のペダルの踏み間違いやレーンの逆走などが報道されていますが、日本は高齢者の割合が高くなってきていますので、当然事故も増えてきますので目立ちますが若い人の同じような事故もないことはありませんから。

ただ高齢になってくると体力や視力、反応も鈍くなるのでそれに応じた対策は必要です。なにかアクシデントがあるときというのは、いつもと違ったことをしたときや慣れないことをした時が多いので、いつも自転車に乗ってる人が電動自転車に替えた時よりも、自動車に乗らなくなった人が自転車の乗り換えた時の方が、変化が大きいので少し若いうちから乗り始めるとか、公道以外の車が少ない場所で慣れることも必要かと思います。

アシストに慣れていないと、急にぐんとアシストされてびっくりしますので、またがった状態でペダルを踏み始めれば、心配ありません。普通の自転車は上り坂で負荷が大きいので力のない高齢者はふらふらしてしまいますが、アシスト自転車は上り坂でもふらつかないので、むしろ普通の自転車よりも安全なこともあります。そして何より、外出できなくて家に閉じこもることより外に出て刺激を受けるのは必要なことです。安全に電動自転車を乗ってもらうことは、これからの高齢者にも大切です。

バッテリー容量

ここ数年バッテリーの容量がどんどん増えてきて、一番大きいもので20Ahくらいになってきました。10年くらい前までは4Ah位が標準でしたので5倍というわけです。おまけに寿命もバッテリーの充電回数では300~400回が700~900回くらい使えるよぷになってきました。

4Ahの頃でもお買い物に使う人が普通に使って5年くらいは使っていましたので20Ahで充電回数まで考えて計算すると50年きゅらい使えてしまう計算になります。経年劣化もありますので、実際には大きなバッテリーが本当に必要なのは、一度の充電で長い距離を走る方です。

今は標準で12Ahくらいですが、高校生が通学で3年間使っても使い方で、十分足りる大きさです。年間300回充電しても3年使えますが、通勤通学などは走る距離が決まっているので、できるだけ充電回数を少なくするよう、使い切ってから充電するようにして2日、3日持たせるようにすればぐんと寿命は延びます。あとはバッテリーの温度を高温にしないことと、使い切って充電した方がいいんですが空にしすぎもよくないので、空にして長期間放置しないことが重要です。

男性の長距離の通勤・通学

電動アシスト自転車は急な坂道ではほとんどの人に楽に登れるのでびっくりされます。でも平坦な道路では力のある人と弱い人では差があります。高齢な方や女性は平たんな道路でも、そんなにスピードを出さない走り方なので3段変速で支障はありませんが若い男性やスピードを出して走る人には一番スピードの出るギヤ(重いギヤ)でも軽く感じますので、もっと上のギヤが欲しいはずです。

電動アシスト自転車は時速24キロまでしかアシストしませんので、それ以上で走る場合にはむしろ変速ギヤが多いスポーツ車の方が楽な場合もあります。若い男性や長距離をスピードをある程度出して走る場合には3段よりも5段、8段の方が楽なはずです。試乗する場合にはこのことも頭に入れて試乗してみてください。

アシストの強さよりもレスポンス

電動アシスト自転車を選ぶときに、気になるのがバッテリー容量やアシスト力の強さなどですがもっと重要なことがあります。パンフレットやネットで調べても書いてありません。

電動アシスト自転車は、ペダルを踏んだ踏力に応じてアシストしますが、踏み込んだと同時にアシストしてくれることが重要です。世の中にある電動自転車の中には踏み込んでペダルが半回転から1回転くらい廻らないとアシストが始まらないものもあります。

少しくらい反応が遅くてもアシストすればいいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが平たんなところでは、そんなに問題ないかもしれませんが、坂の途中で止まって、再度漕ぎ出そうとしたときには大きな差です。瞬時にアシストしないものだと坂の途中からでは漕ぎ出しができません。

坂の途中から漕ぎ出しができないものは、電動アシスト自転車の価値がありません。パンフレットには書いてなくても使ってみると、大きな違いのことはバッテリーの容量やアシスト力の他にいくつもあります。いくら安くても使えない道具は価値がありません。

アシストさえすれば、どれでも楽なはず

最近。電動自転車はいろいろなメーカーから出ています。しかし、その性能や使い勝手にはまだまだ大きな差があります。それでもアシストさえすれば、どんなものでも普通の自転車よりは楽なはずです。荷物を持つのにも小さな子供でも助けてもらえれば、一人で持つよりは楽なはずですよね。

助けてもらう人が、子供なのかそれとも大人なのか、大人でも男性なのか女性なのか、また男性でも筋肉ムキムキの人なのかでも違います。来店された方が試乗されると、今まで電動自転車に乗ったことのない方は、ほとんどの人が「思っていた以上だ」とびっくりされます。

アシストの強さだけでなく、バッテリーの使い勝手や寿命、航続距離なども大きな差があります。アシストを強くすればするほど、航続距離は減ります。総合的にバランスよく作られたものは、そうでないものと比較にならないほど気持ちよく使えます。

なぜ試乗した方がいいのか

電動アシスト自転車の購入でご来店される方の多くが、下調べをされている方が多く知識を持って来られる方が増えています。パンフレットだったりネットで調べたことだったりしますが、初めてだと基準がわかりません。気になることの多くは「バッテリー容量の大きさ」と「アシスト力」だと思います。

両方とも大きいほうが間違いはないんですが、予算もあります。アシストの強さが、どれくらいなら自分にとって充分なのかは、試乗してみればわかります。この坂道で、これだけ楽に上れるなら、これで充分とか、もう少し強う方がいいとか。実際に試乗してみると、ほとんどの方が想像以上に楽だといわれます。そして、購入後多くの方が「思っていたより便利で楽だ。遠いところでなければこれでいい」といわれます。

それに加え、渋滞やお買い物に行ったときの駐車場に止めるのも楽で、気になったお店にも、すぐ止めていけるなど、乗ってみると楽で購入前の想定よりも乗る頻度が多くなる方が少なくありません。その辺も考えて選びましょう。

買ってはいけないもの

時々「○○で買ったんだけど、2回目の充電ができない。修理できますか?」「1年で使えなくなった。修理できますか」など。こういったお問い合わせの方のほとんどは通販で(大手通販サイトも多いです)安く買ったもの。安いといっても3万円、4万円くらいが多いですかね。確かに電動アシスト自転車が4万円なら安いですよね。

こういった、お問い合わせが来るということは、購入された方が購入されたところで修理ができなかった、または購入した会社と連絡が取れないことがほとんどです。販売したところは修理ができないことを知ってるから、そういうことになるわけです。うちも、そういった依頼が来てもどんなものなのか分かりませんし、見てもパーツの調達もできないので、お断りするしか方法がありません。一つだけ言えるのは、残念だけれども早くあきらめるしかありません。あきらめずに直そうとしても、お金がかかるばかりで最終的には廃棄するだけです。

使い続けられる4万円なら安くても、すぐに壊れて修理できないものは、これほど高いものはありません。全くの無駄になるわけですから。道具は、本当に使えるものなら少々高くても結局一番安いんです。

バッテリーの大きさ

バッテリーの容量は出れだけあればいいのか。自分にはどれだけ必要なのか。初めて電動アシスト自転車を購入する場合、アシストの強さとバッテリーの大きさをどの基準で選べばいいのか迷うと思います。最近では8から9Ahくらいが標準的な大きさになっていますが、少し前までは半分の4Ahが標準的な大きさでした。

4Ahでも通常のお買い物には十分で、毎日5Kmくらい乗る方なら5日間くらい乗れました。今はアシストが強くなったので9Ahでも1度の充電で強モードでも30Kmちょっと乗れますから1週間くらい乗れます。

1日10Km乗っても3日間です。年間300日乗っても充電回数100回です。700~900回の充電がバッテリーの寿命ですから、普通に乗れば7年から9年乗れることになります。

大きいバッテリーなら充電する手間が少なくなることはありますが、寿命的には長距離を走らない人には9Ahでも十分使える大きさです。坂が多い、急坂がある、体力の差など、人それぞれですから、必ずしもすべての人が同じではありませんが、ライフスタイルも変わりますから、10年くらい持てば十分ではないでしょうか。

通勤・通学は走る距離が決まっている

リチウムバッテリーは継ぎ足し充電してもいいといわれるお店がありますが、リチウムバッテリーは継ぎ足し充電OKというのは、ニカドやニッケル水素バッテリーのように継ぎ足し充電によるメモリー効果(使える容量が減ってしまう現象)が起きにくいということですが、バッテリーの寿命に関してはできるだけ空になるまで使って充電する方が、充電回数が少なくなりますので、ニカドより神経質になる必要はありませんが、充電回数は少ないほうが長く使えます。

お買い物や普段使いの使用は、毎回乗る距離がまちまちで、できるだけ空になる乗り方ができますが、通勤通学となると乗る距離が決まってきます。30キロ走れるバッテリー容量で通勤距離が往復20キロだと10キロ分を残して充電することになります。これが40キロ走れるものなら2日間持ちます。少しの違いで倍の充電回数になるわけです。

そのバッテリーが実際にはどれだけ走れるかというのは、乗る人や坂道の具合などによって変わりますので、使ってみないとわかりませんが通勤通学には大きめのバッテリーが有利ですね。

電動アシスト自転車に変速ギヤはいるのか

アシストするのに変速ギヤが必要なのかといわれる方がいますが、電動アシスト自転車こそ変速ギヤは必要です。むしろ力の強い人ほど3段でも少ないくらいです。

自転車はペダルを踏む力が軽ければ楽なわけではありません。軽すぎていっぱいペダルを回しても前に全然進まないと、それはそれで疲れてしまいます。スピードが出てきたらもっと上の重いギヤのほうがペダルをゆったりと回せばいいので力の強い人ほどスピードが出てきたときにはいっぱいあった方が楽です。

これが少し試乗したくらいでは気がつかないことで、カタログを見て性能比較しても言ってもらわないと分からないことがよくあります。お店におよっても差がありますのでいろいろ聞いてみましょう。

« 1 2 3 9 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.