日進市の電動アシスト自転車販売店

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車選びのポイント

電動アシスト自転車は、どこのメーカー、どんなものでも同じではありません。数あるものの中でも、使ってみると良い物、そうでない物の差があります。予算の中から自分の用途に合ったものが、きっとあるはずです。

どんな商品も必ず自分には合うもの合わないものがあります。専門の人に教えてもらわないと気が付かないこと、乗らないと感じないことがあります。使う人の使い方や使う場所、地形によって選ぶ基準が違います。

ここには書けないことも色々あります。ご質問があれば、ご来店またはメールで聞いてください。分かることはできる限り何でもお答えします。

お気軽にご質問などあればこちらへどんどん送ってください。

 例えば「毎日2キロの往復で、坂が多い。」とか「安いもので、普通に使えそうなもの」「運動したいが、急な坂があるので、そこだけはきつい」とか。年齢・性別・身長など。オススメ車種をご提案します。やはりご来店いただくのがいろいろお話ができるので納得いただけると思います。

ヤマハ ブレイスXL・シティX・ブリヂストンアシスタDX・ヤマハKiss mini(子供同乗タイプ)・YPJ-C 3輪PASワゴンの試乗車用意しています。試乗に絶好の坂道があります。ご来店ください。


加入簡単な自転車保険 安心です

電動自転車が得意な販売店

 

電動アシスト自転車は今はどこでも買えます。街の自転車屋さん、バイクも扱っている自転車屋さん、大手スーパーの中の自転車屋さん、チェーン店の自転車屋さん、インターネット専門の自転車屋さん。

どこも売るのに関しては価格の差があっても専門です。自転車屋さんですから。電動自転車も自転車本体部分は普通の自転車ですからタイヤがパンクしたとかカゴが曲がったとかの修理はしてくれますが、モーター、バッテリー、充電器のことに関しては不得意なお店もあります。

「充電ができなくなったので、バッテリーか充電器かどちらが悪いのか見てほしい」とバッテリーと充電器を持ってこられました。ちょうど良品の充電器があり充電ができたので「悪いのは充電器ですね」と答えると「大きなお店で買ったんだけどウチではわからないと言われた」そうです。

販売したお店なんだから、わからなかったらメーカーに相談するとか、預かって調べるとかしないといけませんよね。タイヤを交換してもらったら、それからアシストしなくなったという方もいました。数軒回ったけど直らなかったので当店に来られました。見た瞬間にわかりました。チェーンがいっぱい引っ張ってあるのにゆるかったので、アシストをするドライブギヤにチェーンがかかっていないんだなと思いました。5分もかからずに直りました。

バイク屋さんはモーター関係のメカには強いんですが車輪のリムとスポークを組むのは自転車屋さんの方が上手です。事故関係の保険や示談交渉などもバイク屋さんの方が慣れています。どんなお店でも得手不得手があります。どんな自転車でも、少し調整をするだけでぐんとよくなります。

何を選べばいいのか分からない

自転車といっても高額なものなので失敗したくないということで、自分に合ったものや性能に関して調べているうちに、何がいいのかわからなくなってしまったといわれる方がいます。

どれも同じじゃないので詳しく調べているうちに訳が分からなくなって面倒になってしまうことあります。バッテリーの容量もどれくらいの物ならいいのか見当がつかないかと思いますが、目的が周囲2~3キロの近所のお買い物でしたら乗る距離は5キロくらいで多くて10キロくらいですから6Ahくらいのものでも普通に困らないレベルです。

でも通勤や通学で使う場合は、お買い物でランダムに使う場合と違って走る距離が決まっているので30キロ走れるバッテリーで往復20キロだと10キロ分の1/3を残して充電することになります。1日は持つけど2日は持たないというような容量より2日か3日乗乗れるくらいの容量の方が充電回数も少なくて済むのでいいと思います。

パンフレットに記載してある走行できる距離は、あくまでも目安です。平たんばかりの地形なら、それより多いかもしれません。急な坂道ばかりならそれより少ないし乗る人の体重や乗り方も影響します。心配な方は少し大きめを選べばいいと思いますが、10年くらい前は電動自転車4Ah位が標準で、それでも長距離を走らなければ普通に5年くらいは使えていた方が多いと思います。

選ぶポイントは自分にはどれだけのパワーが必要なのか、体格に合ったものはどれか、必要なバッテリーの容量がどれくらいなのか。あとは好みのデザイン、子乗せタイプなら自分が安心できる乗りやすさを重視してもらえばいいと思います。

 

3人乗り子供乗せ電動アシスト自転車の試乗

子供乗せの電動アシスト自転車の試乗は購入前にしたほうがいいと思いますが、これはなぜかというと子乗せの電動自転車は乗ってみないとわからないことがあるからです。多くの方は自分の候補のものに試乗したいようですが、その特定の車種でなくても似た感じのもので結構です。その違いよりもっと選ぶべきことがあるからです。

今は20インチの小径のものが人気ですので、それに乗れば大体わかります。重要なのはその試乗したものと他のものはどう違うのかを説明してもらうことです。自分にはどれが合うかは乗る地形も、体格,身長、体力も違いますから、自分が自信をもって乗れるものは人によって違います。

大きいタイヤのものと小さいタイヤのもの、前がチャイルドシートになったものと後付けでハンドルにつけるタイプのチャイルドシートの違いなど、自分の子供の年齢差によっても違います。今は小さくても子供は大きくなりますから大きくなったとき乗れるのかなど言ってもらわないと気が付かないことがあります。

ご来店される方が「よそで違いを聞いたけど、どれでも同じだから自分の気に入ったものを買えばいいと言われた。それじゃあ、わからない」といわれる方が少なくありません。試乗は試乗できるだけではなくちゃんと説明してもらえるお店を選ぶべきです。

お勧めの電動アシスト自転車

全国からメールで多くのご質問が来ます。私には、どんな電動自転車がお勧めでしょうか?食べるものでも好みがあります。人はみんな体格も違うし体力も違います。使い方もまちまちで、経済的な事情もまちまちです。自分に合ったものは自分にしかわかりません。

最近は購入される前に、しっかりと調べられる方が多くなりましたので来店される方も、ある程度詳しい方が増えました。ただ、実際に電動自転車に乗ったことのない方も多くネットからの誇張された情報を気にされている方が少なくありません。自分に合うものを自分で確かめられるお店を選んでください。自分にとって、何を最優先に重視して選べばいいのか。

例えば、そこが他の地域とは比べ物にならない坂があるのなら、アシスト力の強いタイプを選んだ方がいいでしょう。高齢で体力や取り回しにも不安が出てきたのなら、自分の身長や体格に合った扱いやすさを重視するべきでしょう。

対面でお話しする場合は身長や体力など分かりますが、メールの場合は何も見えませんので、使用用途、仕様地域の地形、どれくらいの使用頻度、自分の身長、年齢、性別など詳しく教えて下さい。特に高齢の方や体に不自由のある方は、健康な方ではわからないことがいっぱいあり、理解できないこともあります。一般的には体力がなくなるほど、対応が効かなくなるので細かいことにシビアになります。少しのことが気になってしまいますので乗る本人が納得するものを選べるよう周りの方も耳を傾けてあげてください。

スポーツタイプの電動アシスト自転車

パナソニックのXM1、ヤマハのブレイスなどスポーツタイプの電動アシスト自転車は中高年の男性に人気です。スポーツタイプの自転車に電動アシストは必要ないという方もいますが、体力はみな違います。

運動不足で自転車に久しぶりに乗ってみると、若いころのようには乗れません。思っていたよりきつくて続かない。こんな方には電動アシスト自転車はとてもいい乗り物です。スポーツタイプの電動アシスト自転車を通勤に使うこともできます。

スポーツタイプの電動アシスト自転車でもいろいろなものがあり、パナソニックのXM1は本格的なマウンテンバイクタイプでヨーロッパで人気の街乗りも山で乗ってもOKの充実した装備です。通勤にはヤマハのブレイスはとても人気がありますが、アシストの味付けがいいので乗ってとても「楽しい」です。

運動目的や通勤にこの「楽しい」ということは重要で無理なく長く続けられます。ヤマハにはYPJという軽量なスポーツモデルがありますが性格がかなり違います。ブレイスはアシスト力が強くバッテリーも大きいのでどんなところでも多くの方に使えます。

YPJは軽量でアシスト力は強くありませんが24キロ以上の電動アシスト自転車がアシストしないスピードの領域でも軽く走れます。どちらがいいかというのは、乗る人の好みや使い方によってかなり個人差があります。乗ってみないと違いが感覚的にわからないので両方を試乗してみるのが一番です。

一般のロードバイクを乗っている人や乗ったことのない方は「スポーツタイプの電動アシスト自転車」をゲテモノ扱いされる方がいますが、乗ってみるととても気に入ってしまう方がとても多いです。

高齢者の電動アシスト自転車選び

平均寿命が長くなり中には90歳を超える方でも自転車に乗れる方がいます。自転車は両手両足を使いバランスを取りながら走るので、アンチエイジングにとても効果があるといわれています。また、電動アシスト自転車は楽に走れるので運動にならないという方がいますが、高齢者にとっては無理をしない運動と気持ちよく走れるので「安全に乗ることができれば」とても良い乗り物です。

若いうちから乗っていた人は、いくつになっても乗れますが自動車免許を返納してから、自動車ばかり乗っていた人が自転車に乗ろうとすると乗れない方が少なくありません。

ずっと自転車に乗っていた高齢の方でも、乗る自転車が変わるのはとても不安があるようです。古くてガタのきた自転車でも乗りなれて体に馴染んでいると言われます。

高齢になると体力や感覚の衰えから自信がなくなり、大きな自転車は不安になります。しかし小さなタイヤの自転車は取り回しは楽ですが、大きなタイヤと比べて直進安定性は悪くなります。小さなタイヤの自転車に替えると「ハンドルがふらふらするから、もっとハンドルを重くできないか」という方は多いです。

タイヤが小径の自転車は、良く言えば「小回りが利く」んですが悪く言うと「安定性がない」。大きなタイヤはよく言えば「安定感がある」んですが悪く言うと「取り回しが悪い」んですが、これは感覚の問題なので、乗る人の個人差がかなりあります。

高齢者の電動アシスト自転車を選ぶときに、若い方が一緒に選んであげるなら、本人の言われることを尊重するとともに、変わる自転車のデメリットもよく説明してあげてください。

バッテリーは大きければいいというものでもない

バッテリーの容量がどれくらいのものを選べばいいのか分からないという方が多いようです。本当は試乗してみて自分にはどれくらいのアシスト力が必要なのかを知るのが必要ですが、乗るところが標準的な坂道がある場所だとすると、12Ahくらいのバッテリーならアシストの強い「強」モードで45Km前後が走れる距離です。

自分が毎日10キロくらい走るなら4日乗れます。毎日5キロなら9日乗れます。平均1週間くらい乗ったとすると1週間に1度の充電で月に4回。年に約50回の充電になります。今のバッテリーは700〜900回くらいの充電回数が寿命ですから15年以上乗れる計算になります。あくまでも計算上ですから経年劣化を考えても10年以上は乗れることになります。バッテリーは使い方や環境によっても寿命が違いますのでそんなに使えない場合も少なくはありません。

毎日5キロ以下しか乗らない方が、それ以上の大きさのバッテリーは寿命的には大きすぎるとも言えます。1度の充電で何日も使いたいという方は大きい方がいいかもしれませんが、使い切るという考えだとそんなに大きくなくてもいいでしょう。

バッテリーの容量は一般的に近所のお買い物程度で1日に5キロ以内であれば6Ah程度でも困るレベルではありません。電動アシスト自転車は普及し始めたころは4Ah程度が標準的で、それくらいでも普通に使えていましたから長距離を走る方や、マンションなどでバッテリーを持っていくのが大変で充電回数をとにかく減らしたいという理由がある方でなければ大きければいいというものでもありません。大きければ重いとか充電時間が長いなどのデメリットもないわけではありません。

同じメーカーでもアシストの強さが違うものがある。

電動アシスト自転車のアシスト力は日本では人間の力1に対して最大2までという制限があります。この範囲内で、どこのメーカーも最大の2までアシストをしているかというと普通のタイプで1.5くらいが標準的です。アシスト力を上げると消費電力が大きくなるので、航続距離が減ります。ヤマハはパンフレットにアシスト力を星の数で1〜6まで表示しています。1〜6といっても3と4と6の3タイプです。表示しているのでわかりやすいと思いますが他の2メーカーは表示がありません。

パナソニックとブリヂストンは3段変速のモデルでもアシストの強さが違うものがありますが、これは後輪のハブに強化ハブが付いているものはアシスト力に強いタイプです。簡単に見分けるのは後輪の中心の右側にプラスチックのカバーが付いたタイプ(写真右)と付いていないタイプ(写真左)がありますがカバーが付いていない方が強化ハブでアシストが強いタイプです。強い方は1:2に近いので人間の3倍の力がハブにかかることになり、強化ハブでないと耐えられません。

また、ブリヂストンの前輪にモーターの付いたものはほとんどが1:2に近い数字を出しているようです。前輪モーターとセンターモーターは同じ数字の出力でもアシスト力の感じ方が若干違います。

新車と中古車どちらが安いのか

電動自転車の中古車を買う場合、本体の程度に気を配るのは当然ですがバッテリーがもう使えないようなものだと、バッテリーの価格を考えないといけません。つい最近も「ネットで中古の電動自転車を買ったので防犯登録してほしい」という人がこられました。

防犯登録をした後に「これ、いくらで買ったんですか?」と聞くと「8万円」だそうです。新車で10万ちょっとの販売価格くらいの物じゃないかと思いますので、中古にしてはちょっと高いかなと思いますが、バッテリーがダメだったので買いなおしたそうです。完全に新車を買った方が安いですね。それに新車ならメーカー保証もついています。

中古が安いとは限りません。仮にこれが10年前のものでバッテリーは新品に近く5万円だったとしますと、まあ2~3年乗るならこれでもいいかなと思いますが、この先ずっと乗るつもりなら新車の方がいいと思います。

まず10年くらい前のものだとバッテリーが300~400回くらいの充電で寿命です。今の物は700~900回。容量も大きくなっています。アシスト力も上がっています。新車ですからタイヤの他すべてが新品。ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの一番安いものを買っても性能自体は上のクラスのものでも引けを取りません。ランニングコストは絶対安いはずです。中古はちゃんとした物でない限り、新車の方が得です。

みんな心配する購入前の疑問点

電動自転車を購入する前に、多くの方が心配する3つのこと。

一つは盗難。高価なものだから盗難されるのが心配。でも、電動自転車の盗難ってとても少ないんです。一般の自転車よりずっと少ないと思います。なぜかと聞かれるんですが、盗難する人に聞いてみないとわかりませんが考えられるのは盗難する人って盗難しやすいものをします。錠が壊れやすいこと。キーがつけっぱなしの場合など。

日本の大手メーカーのものは丈夫な錠が付いているので簡単に壊れません。盗難したものをずっと乗るつもりもありませんから、目立たない普通の自転車の方がいいわけです。

二つ目は「バッテリーの電気がなくなったら、すごく重くなると聞いた」ということ。 バッテリーの電気がなくなって、軽いままの訳はありません。もちろん重くなります。重くなりますが今の電動自転車は、出始めのものと違って普通の自転車くらいになるだけです。余計に重くなったりしません。厳密に言えば車重がある分重くはなりますが、普通の自転車程度です。

電気がなくならないように走ればいいだけです。自動車だってガソリンが切れれば走らなくなりますがガス欠で走らなくなった自動車は、めったに見ません。みんなガソリンがなくならないように気を付けています。電機がなくならないように平たんなところではアシストを弱いモードにしたり、電源オフにすることで絶対必要な坂道に備えることもできます。むしろ自動車より良いのは、仮に空になった時にでも自力で走れることです。

3つ目はスピードが出すぎないか。 バイクじゃないのでモーターだけでは走りません。ペダルを踏んだ分しか走りませんので自転車と同じです。自分の力が2倍、3倍になったのと同じです。高齢の方は最初のうち若干慣れが必要かもしれませんが、自転車に乗れる方ならすぐ慣れます。

電動アシスト自転車は、購入された多くの方が「思っていたより便利で買ってよかった」といわれる方が多く、いつも自動車に乗っている人が乗ると気持ちのいいものです。乗ってみてください。

1 2 3 10 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.