日進市の電動アシスト自転車販売店

自転車豆知識

自転車豆知識

専門的なことではなく、自転車の分かりやすい豆知識など紹介できればと思います

自転車のスペアキー

最近は自転車のスペアキーができるようになりました。どんな車種でもできるわけではありませんが、ブリヂストン、パナソニック、ミヤタなどのメーカー車は番号で作ることができます。

車種記号、キー番号を控えておくと失くした時も安心です。(メーカー車でもできない車種もあります)

エアハブ

ブリヂストンのサブナードスポーツに採用されている「エアハブ」はハブがポンプになっていて、走ると車輪が回転することによって空気が入ります。

空気ぐらいは自分で入れればいいと思いがちではありますが、毎日の通勤、通学などに使っていると、なかなか適正な空気圧で乗っている人は、案外少ないものです。

空気圧が少ないことがパンクの一番の原因で、空気圧が少ないと乗ったときにも重く、タイヤやチューブを悪くする原因です。

空気はパンクしていなくても自然に減ってしまいます。大きな穴が開いてしまった場合はエアハブでも間に合いませんが、いつもちゃんとした空気圧になっていればさえ入っていればパンクする回数はかなり減るものです。

これが使ってみると、思っていたよりも良い物で楽なんですね。ただ、ハブがポンプになっているので、内装変速とかハブダイナモ(点灯虫などのオートライト)は付きません。

パンク修理のコツ

パンクの修理は見ていると簡単そうに見えるようですが、やってみるとそうでもありません。「自分で修理した」という物を見てみると、やはりプロが修理した物とは違います。どこが違うかと言うと、貼ったパッチが簡単にはがせます。最近のパンク用のパッチはちゃんと修理すると、チューブと一体になってはがそうとするとチューブが破れてしまいそうになります。

なぜかと言うと今の修理剤は「接着剤でくっつける」というより「パッチとチューブを化学変化でくっつける」んです。チューブとパッチが張り合わされてるんではなく、一体化するんです。

まず、タイヤをリムからはずしますが、その前にバルブを取って、空気を抜いてください。レバーを使ってタイヤをはずす場合は、バルブ付近からはずすと楽です。タイヤをはずしたらチューブに空気を入れて、穴が空いている場所を探します。

横に2つ空いてる場合は、リム打ち(空気が少ないとリムにつぶされて空きます)の場合です。針で開けたような穴はタイヤに何か刺さっていないか確認しましょう。雨の日はガラスがよく刺さっています。ガラスの穴はカッターの先で突いたような点ではなく | のような形です。

ガラスはタイヤの厚みの中に潜んでいることが多いので、よく見て取り除きましょう。穴が分かったら、穴の周りをパッチの大きさより大き目の範囲で紙やすりでこすってチューブの表面を削ってやります。まんべんなくきれいにしないとパッチがくっつきませんよ。

加硫剤(接着剤)を塗ります。ここが問題です。いかに平均的に「薄く」塗るかがコツです。ほとんどの人は、よく付くようにと接着剤を多く付けすぎます。つけて乾くとツヤがなくなりますので、そうなったらパッチを貼ります。パッチは裏と表が間違って貼ってある場合が多いですね。アルミ箔が貼ってあるほうがチューブに当たる面です。

もう一度抜けていないか確認して、タイヤの中に収めます。バルブの場所を最後に入れると楽です。出来ればレバーを使わずに手だけで入れるほうがいいですね。レバーで引っ掛けて、せっかくパンク修理したチューブに、また穴を開けてしまわないように。

これだけ読んでも、やってみるとなかなかうまくはいきません。うまくいくどころか失敗すると、穴だらけになってチューブを交換しないといけない羽目になります。ですから自信のない人は、自転車屋さんに頼んだ方が安くつきます。

ハンドルの高さ調整

ハンドルの高さを変えようとすると、フォークが付いている大きなネジを緩めてしまう人が多くいますが、あのネジは触らないほうがいいです。

ハンドルのポスト(B)の上についているネジ(A)を3,4回転させて、ネジの頭をたたいてやります。

このネジには下に斜めにカットされたネジのきってある臼のようなものが下にあって締めるとポスト(B)の斜めの部分で横にずれてフレーム(D)に固定される仕組みになっています。

ボルト(A)を緩めすぎると(C)のネジが下に落ちてしまいますので、3,4回転緩めてたたいてやれば、ハンドルが左右に動くようになるはずです。そうして高さを調整してください。ポストには最低ここまでは入れてくださいというラインが付いているので、それ以上上げないようにしてください。

ハンドルが左右に動いてしまう物は、このネジ(A)を締めてやればいいわけです。

リムとスポーク

タイヤがついている金属の輪がリムで細いいっぱい付いている針金みたいな物はスポークです。スポークはハブとリムをつないで全体に車輪になっています。

スポークはハブとリムをつないでいるだけではなく、道路から受けるショックも和らげています。ハブの左右から出ているスポークはリムを両方から引っ張ってバランスを取っていますので、1本取れてしまうと引っ張っていた力がなくなって反対側に振れてしまいます。車輪が回ると左右に振れてしまいます。

1本取れると他のスポークに負担がかかるので、他のスポークも折れやすくなります。どんどんゆるくなって全部のスポークが緩んでしまいますから、1本でも折れたら早いうちに修理しておきましょう。

パンク修理剤

パンクの修理に来た自転車の中には「パンク修理剤」が入っている物があります。自転車を買うときに入れてもらったものや、自分で入れたものもあるようです。

パンク修理剤の多くの物は、よほど小さな穴の場合にしか効果がない物が多くパンク修理剤を入れたことによって、パンク修理ですまなくなることもあります。緊急でない限りパンク修理剤は、修理剤とチューブを交換しなくてはならないことを考えると、高い物につきます。

タイヤの空気圧は、パンクしていなくても少しずつ減っていきますが、その予防には少しは効果があるかもしれませんが、決して経済的ではないことと、必ず穴がふさがるということは期待しすぎるのは、どうかな?と思います。

自転車のサスペンション

最近マウンテンバイクにはサスペンションつきが多くなってきました。そんな中前後にサスペンションのついた物がよく走っていますね。

前後のサスペンションはダウンヒル用に作られたものです。坂を下って来る競技です。ライダーの受ける衝撃を和らげますが、平地でペダルを踏むと(立ちこぎなんかすると)サスペンションが沈みます。前に進む力をサスペンションが沈む力に逃げてしまうので平地などは、かえってライダーの疲労を高めます。

町乗りなどに使うものなどは、前だけの物の方が楽です。前後サスペンションは重くなって値段も高くなります。見た目は迫力ありますけどね。

パンクの原因

「最近自転車に乗ってなかったらパンクしてた」と修理に持ってこられる多くの自転車は空気が抜けてるだけの物が多いですね。風船も1日たつとしぼんでいますが、あれと同じでパンクしていなくても空気は抜けます。

虫ゴムを替えて入れてみると、それだけで使えるものが多いです。あまり長く年数が経っていると、中のチューブが劣化しているものもありますが・・。

「空気が入らない」というのもパンクのせいではなく空気入れが悪くて、チューブに空気が入る前に空気入れのホースが亀裂が入って漏れてしまっている物も少なくありません。

パンクの原因の多くは、物が刺さるものよりも空気圧が少なくて穴が開くことのほうが多いです。空気圧が少ないと、段差を超えたときにリムと段差で挟まれて穴が開きます。この場合横に2つ穴が開くので見ると分かります。

もう一つの原因として空気圧が少ないとタイヤの中でチューブが動いてしまい、しわがよって穴が開くのと、タイヤとの摩擦でチューブがすれて薄くなって穴が開きます。タイヤの中に擦れてしまったチューブのゴムの粉がいっぱいたまっているので、これも見ると分かります。

物が刺さって穴が開くのは、避けられないことですので運が悪いと思うしか仕方のないことですが、空気圧を点検しておくことで、パンクの大半は防ぐことが出来ます。特に安い自転車はチューブも薄く、空気の抜け方も早いので頻繁に入れないと、すぐパンクします。

自転車を買う前に・・・

自転車に限らず、安い物を買って使い物にならなかったり、すぐ壊れてしまった経験が誰にでもありますよね?

「ちょっとそこまで」行くためだけの自転車と違って、中学生・高校生の使うものは毎日の通学塾、部活、遊びと酷使されます。ましてや元気いっぱいの年頃ですから自転車にかかる負担は想像以上です。

また、マウンテンバイクなども、よく見かけるもののほとんどが”マウンテンルック”と呼ばれるものです。「悪路では使用しないでください」というシールが貼ってあります。

自転車は原動機が人間ですから、自転車の良し悪しは乗ってみると想像以上に違いがわかるものです。どうぞ、良質の自転車で運動してみてください。自転車は成人病予防に効果のある「有酸素運動」が膝や腰に負担をかけることなくでき、風に当たるということで脱水症状を防ぐ運動ができる効果もあります。

安全に、ご心配なく乗っていただくためにも丈夫で安全なものをお選びください。自転車はどれも同じではありません。

ブリヂストン オンラインカタログ

パナソニック オンラインカタログ

 ミヤタ オンラインカタログ

※価格はすべて税込価格です。商品は一部現品と異なる場合がございます。品切れの際はご容赦ください。

« 1 3 4 5

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.