日進市の電動アシスト自転車販売店

自転車選びのポイント

自転車選びのポイント

良い自転車、粗悪な自転車、安い自転車、高価な自転車、どこがどう違うの?
自転車なんて、どれでも同じじゃないの?いえいえ、自転車ほど乗ってみるとこんなに違うのかと思うほど違います。長く使えば使うほど、どんどん差が出ます。

ご質問があればこちらからどうぞ


加入簡単な自転車保険 安心です

長く使えば丈夫なものほどランニングコストは安い

子供のために初めて通学用の自転車を買う場合、つまり兄弟の一番上の子に買う場合、中学用であれば通常丈夫な自転車なら高校まで乗っていけるので6年間使うことになります。中学は通学でも使わなくても高校で使う場合でも6年間は使います。

そんな場合初めての子に通学用自転車を買う際アルベルトなどは6万円以上もするので「こんなに高価な自転車が、はたして必要なのか?」ということを考える方も多いです。確かに高価ですよね。6万円と言えば色々なものが買えるし、もう少し頑張れば電動自転車も手が届くほどです。

それでも6年間使った後に親御さんは「安かった」と言う方が多いです。25000円の自転車が「修理を重ねていくらかかったか分からない」と言う人もいますし、やはり高校の際には買い換えることが多いですから最初から高くても丈夫なものを買った方が通学の場合、安く済む場合が少なくありません。

6年間差ほど修理せずに乗れたばかりか、大学になっても乗っている方も多いし、本人が乗らなくなったあと、他の人が使っている場合も多くあります。両方使った方が一番違いをよく知っています。粗悪な自転車は修理代がかかるばかりではなく、良い状態で乗れる期間が短いので安全面でも心配があります。人間が乗って走るものですから安全が一番のはずです。

自転車を売っていても専門家かどうかは分からない

自転車は近くまで行くのに時々使うだけなのか、それとも通学や通勤に毎日しかもある程度の距離を走るのかでどちらが経済的なのか。経済的なことだけではなく快適性や安全性などを考えてみると必要以上に高価だと思ったものが「実はとても安く済んだ」ということは色々な商品で感じることがあります。

最近多いのは通学用に量販店で薦められて買った自転車が乗ってみると、通学には耐えられなくて壊れてばかりで半年でダメになったとか、修理ばかりで高いと思っていた自転車が何台も買えるくらいのお金がかかった・・など。

いつも見ている私たちは自転車を見ると、大体分かりますが見慣れていない人にはわからないようです。そういう私たちも自転車や自分が扱っているもの以外の物はなかなか違いが分からないことが多いものです。「餅屋は餅屋」「蛇の道は蛇」という言葉があるように、やはり専門家に聞くのが一番ですが、専門家のように見えて専門家ではないこともあります。パソコンなどの売り場には、ある程度詳しい人が多いんですが話を聞いてみると詳しい人と詳しくない人がいます。

じゃあ、どんな人が詳しいかと言うと修理してる人が一番詳しいのかなと思います。壊れやすさとか、どんな物が丈夫なのかは修理している人がよく知っているはずです。あとはある程度の販売実績のあるところの人。お医者さんでも多くの患者さんを診ている先生は実際の例を見ているはずです。なんと言っても信頼があるかどうかは重要です。

ノーパンクタイヤ

パンクしないタイヤがあれば安心です。かつてブリヂストンもエアレスタイヤというものがありました。チューブの代わりにウレタンのリングをタイヤの中に入れることで「絶対にパンクしない」と言う物でした。空気が入っていないのでパンクするわけがありません。釘が刺さろうと、何が刺さってもパンクしません。しかし現在はありません。なくなりました。

なぜなくなったのか?良くなかったからです。何が良くなかったのかと言うと、「重い」「乗り心地が悪い」です。チューブの場合、中は空気ですから重さはチューブの重さだけですが、ウレタンまたはチューブの中にゲル状のものを入れて固まらせる場合、1Kgくらい重くなります。車輪を1キロ重くすると乗ってる人が、かるく10キロくらいは重くなったのと同様なほどペダルをこぐのが大変になります。

また、通常のチューブに入っている空気は、衝撃を吸収するクッションの役目もあります。いくら柔らかいウレタンと言えど空気にはかないません。空気ほどのクッションの役割をする柔らかいものだと、いつも空気の少ないタイヤのようになってしまいます。

今のところ、空気を入れるチューブに匹敵するすばらしいものは他にはないんですね。こういった衝撃を吸収しないタイヤは、自転車本体にもダメージがあってリム、スポークなど曲がったり折れやすくなります。スポークが折れるとタイヤが簡単にはずせないので修理が大変です。よほど丈夫なものでないとフレームも折れる場合もあります。パンクはしませんがいいことばかりではありません。

2018モデル ブリヂストン アルベルトとアルベルトロイヤルの違い

「アルベルトとロイヤルは、ずいぶん値段が違うけれど、どこが違うの?」とよく聞かれます。2018年モデルは8ヶ所の違いがあります。写真で説明していきます。

左がアルベルト 右がロイヤルです。  写真をクリックすると拡大します
以下アルベルトは「A」  ロイヤルは「R」で表示します。

フロントブレーキ

Aツーピボットのキャリパータイプ

通常のものと比べ軽い力で確実な制動力を発揮します。

Rスマートコントロールブレーキ

制動力を大幅に向上させた安全なブレーキ。子乗せタイプのアンジェリーノにも採用されている小さな力でよく効くブレーキです。

ライト

Aシングルパワー点灯虫

1WホワイトLED搭載

Rワイドスーパーパワー点灯虫

従来より1.6倍明るく昼間の走行中にも点滅するデイライト付き。1W×2

サドル

AスーパーコンフォートサドルⅡ

転んでも破れにくい樹脂製のガードが
付いています

RスーパーコンフォートサドルⅣ

クッションが二重構造の低反発サドル。

ベル&ブレーキレバー

A 品質のよいパーツです。

R グリップベル、滑り止め付きレバー

 

 

ペダル

A 品質のよいパーツです。

R ノンスリップペダル

足の接地部分も広くなっています。

タイヤ、空気ミハル君

A タイヤは前後1クラス上のマイティロードプラスチューブガードタイヤ

長寿命です。チューブは1,5ミリ厚のウルトラスーパーチューブ。パンクプロテクター付き。リム、スポークは丈夫で錆びないステンレス。

R  前輪はマイティロードプラスチューブガードタイヤ

リヤタイヤはロングライフプラスチューブガードタイヤ。名前の通り自転車屋さんが嫌になるくらいの長寿命タイヤ。ロイヤルのタイヤは「プラス」という名前ですがタイヤにパンクプロテクター
がついていてガラスや小石などが刺さりにくいようようプロテクターが入っていますので、さらにパンクしにくくなっています。

空気圧が少なくなると赤くなる『空気ミハル君』が付いています。

どちらにもソーラーテールランプが付いています。暗い夜道でも安心です。

 

アルベルト、アルベルトロイヤルどちらもリムはステンレス。
強化スポーク。フロント#13・リヤ#12の太いスポークです。
チューブは1.5mm厚のウルトラスーパーチューブで空気の減り方も少ないのでメンテナンスが楽です。

この他、通常のカタログには載っていない「アルベルトライト」というものもあります。
ホームセンター、スーパーなどの量販系で売られているもので違いは

●グリップの材質
●タイヤ(少し下のクラスのタフロード)  寿命がマイティロードに比べ短い
●スポークはステンレスではなくスチール製  錆びに対して弱い
●ソーラーテールではなく普通の反射鏡  自動点灯式のほうが遠くから良く見えます
●ライト DAY LIGHTなし

 

丈夫な自転車は軽いわけではない

通学にオススメの自転車はどれですか?と聞かれればブリヂストンのアルベルトなどがオススメです。なぜオススメかと言われれば毎日の通学に使ってもメンテナンスをあまりしなくても通学に使える丈夫さがあるからです。

丈夫なので重量はそこそこあります。リムもアルミのほうが軽いけれどステンレスのほうが丈夫なのでステンレスを使っています。(量販系のアルベルトはアルミを使っていますが)なので、乗って軽いかと言われれば決して軽いわけではありません。それでも通学には丈夫なのがいいはずです。自分でメンテナンスできて、毎日チェックできる方なら別の物でもいいでしょう。

良いメーカーが通学用に考えて作った自転車は各パーツの耐久性や安全性を考えて作るので、通学に使わない方にはかえって過剰装備です。ハイキングに行くのに冬山にいく装備は必要ありません。ネットのクチコミなどに「アルベルトは軽くない」と言ってる方もいます。

ライトも明るいし、ベルトはチェーンのように伸びないので調整しなくてもいい。タイヤも長寿命でチューブも分厚いのでパンクもしにくい。安い自転車より帰って経済的でもあります。丈夫だからといって、どんな人にも通学用の自転車が良い訳ではありません。

自転車のリコール

少し前にブリヂストンの金属製のリヤのチャイルドシートにリコールが出ました。まだ交換していない方は、早めに交換してください。

このリコールは金属製のために子供さんの足を置く部分が倒したり、乗るときに足をかけてよじ登るので折れる場合があるということで樹脂製の物に交換するものです。ところが金属製のチャイルドシートは、もっと安いものにもいっぱいあって、こちらの方が折れてしまう件数は多いはずです。どこで作ったかわからないようなものは、安いからしょうがないということで、済んでしまっているわけです。

自転車本体の場合も、実は自転車の不具合で事故になったとかケガをしたと言うことが少なくないんですが大きな問題にならずに済んでしまっています。自転車は免許も要らないし車検もありませんし、特に保険にも入らなくても乗れます。

しかし世の中「こんな自転車乗ってて大丈夫なんだろうか?」と思う物が多いです。安い自転車に圧倒的に多い。なぜなら安いからすぐ壊れる。安かったからお金をかけたくない。ということです。

「買い換えた方が良い」と言うことになりますが、乗れるうちはとりあえず乗ります。1m手前で止まることができたら事故にあわずに済んだし、人にケガをさせずに済んだ場合もあるでしょう。

小径車に子供乗せ

最近はおしゃれな小径車が街中では人気です。小さなタイヤの自転車は街中では小回りが利くし見た目もおしゃれです。都会では若いお母さんが小径車に外国製の子供乗せをつけるのが流行っているようです。

ところが小径車に子供乗せをつける場合左の絵のように付けると後輪の中心より子供乗せの重心が後ろになってしまう場合があります。

こんな付け方をした自転車に子供を乗せて走ってみると前輪が浮いてしまう「ウイリー」状態になることがあって、非常に危険です。3人乗り対応に考えられた自転車はホイールベース(前輪と後輪の中心の間隔)が長く安定性があるように設計されていますが、そうでないものは子供を乗せたとたんに後ろにひっくり返りそうになることがあります。

言われてみないと気が付かないことですので、小径車に子供乗せを考えられている方は気をつけてください。大切な子供さんが怪我をしたら大変です。

安い自転車と高い自転車

最近は大きな自転車のチェーン店が増えてきました。大きなお店は「量販店」と呼ばれ販売台数が多いので、仕入れ価格も安く、結果的に販売価格も安い・・と言うのが誰もが思うことです。

自転車の価格差は同じものであれば仕入れ価格が販売台数によって変わってきますが一般的には多くの方は違う自転車を比べている場合が多いようです。何が言いたいかというと、特にブリヂストンなどのような有名メーカー車は、普通の自転車屋さんのほうが安かったりします。

なぜかと言うと量販店で売っている自転車の多くは自社のオリジナルで利益率の大きい物が多く、メーカー車は利益率が少ないので、それほど値引きなどはしていない場合が多いんです。

それよりも年数を重ねて自転車屋を続けてきた街の自転車屋さんは自転車のことについては、よく知ってるんですね。決定的な違いは販売するのが最終目的ではなく、これからもずっとお付き合いしていくので、変なものは売れないと言う気持ちをいつも持っているのが街の自転車屋のいいところです。

アルベルトファイン

ブリヂストンのアルベルトは普通の自転車屋さんで売ってるものはアルベルト、アルベルトロイヤル とアルベルトロイヤルエイトですが、量販系のスーパー、ホームセンターなどにもアルベルトが置いてあったりしますが、アルベルトでも「アルベルトファイン」と名前が少し違っていたりします。

色とかも少なかったりしますが、使っているパーツが違います。リムはアルミでスポークもステンレスではありませ。タイヤもワンランク下のタフロードです。他にもグリップとか数ヶ所違います。

通学に使う場合丈夫な自転車が欲しいのでリムはアルミよりステンレスのほうが好ましいです。ステンレスのほうが丈夫であることと、前輪はブレーキをリムにこすり付けて止まります。アルミは水につけて擦ると、水が黒ずみますよね?雨の日には黒ずんだ水が前輪周りを汚します。

特に安価な自転車のアルミリムのものの前輪辺りが真っ黒に汚れている自転車を見たことありませんか?アレが黒い学生服に付くと白久点々と付いてしまいます。タイヤも寿命が2倍いらいは違うんじゃないかと思います。

アルベルトじゃないといけないの?

当店の周りではアルベルトを中学の通学に使う方が多く、新一年生になるお父さんお母さんは「アルベルトって高いけど、アルベルトじゃないといけないの?」と聞かれることが最近特に多くなりました。

中学3年間アルベルトまたは5万円近くするような自転車でないと持たないのか?通学にはこれくらいの自転車でなければいけないのか?というと、そんなことはありません。同じ通学でも平坦で坂もない、距離も遠くないなど人によって条件は違います。

200m先のバス停まで行くだけの方にアルベルトが必要か?というとそんなことはありません。そして丈夫な自転車にするためには、どうしても重くなります。スポーツ用のロードバイクと同じように比べたら倍以上の重量になるものもあります。そして一番気になるのは安い自転車とどれくらい違いがあるのかということです。

アルベルトでもいっぱい壊す子もいるし、安い自転車でも3年間損な問題もなく乗っていく人もいるでしょう。しかし、同じ人が同じ条件で乗ったときに、どれくらいの違いが出るかというと乗り方によっては3年間と半年で同じくらいの感覚かもしれません。

「どこが違うの?」と聞かれると「使ってる部品が違う」と答えますが、実際には部品なんて違ってもかまわないと思うでしょうね。タイヤにすれば寿命が3倍は違う。同じぶつけ方をしたらこちらは調整だけで済んだのが、こちらはリム交換。そして「あっ!」と思ったときに止まれるかどうか、制動距離が違えば命にだってかかわってくるでしょう。とにかく並べて見て比べれば、見た目から格段に違います。

そして3年間ではなく高校もあわせた6年間でも乗れることを考えれば高くないでしょう。毎日パワーあふれる年代の中学生が通学のみならず、部活に塾に遊びにのるわけです。毎日点検できるでしょうか?修理をしていると「こんな状態の自転車乗っていて良いの?」と思う物が少なくありません。乗ってる人は気が付いていないか気にしていないんでしょうけどね。

皆さん口をそろえて言われるのが「買う時は、確かに高いなあと思ったけど、確かに良いね」と言うことです。安いものは1万円といいますが、通学用に使う場合、結局は3万円弱の自転車を購入されることになると思いますが、実はこの価格帯の物を量販店で購入されるのが実は一番損な気がします。なぜなら、自転車本体のベースが一番安いものとほとんど変わらないからです。

1 2 3 4 »

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0561-72-0071 愛知県日進市岩崎町大廻間22

PAGETOP
Copyright © 株式会社 加藤サイクル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.