猛毒を持った外来種ヒアリが日本各地の港に外国船の荷物にくっついて上陸しているようです。なんでこんなに簡単に入ってきてしまうのか。オーストラリアに荷物を送った時には、あの国は特に外来種の規制が厳しくて送る荷物の箱に植物の絵が書いてあってもダメなんだといわれました。植物や果物の絵がかいてあるということは、それが入れてあった箱だろうということで、種でも着いている可能性があるからということのようです。

日本なんかはペットショップにいろんな珍しい生き物売ってますから、オーストラリアなんかと比べたらかなりフリーに入ってきてしまっているようです。で、ヒアリにしても今回たまたま見つかっただけで、前から入ってきてしまっている可能性はあるんじゃないかと思いますが、先日ネットのどこかでヒアリの天敵が日本にはいるというのを読みました。それが何かというと、もともと日本にいるアリなんだそうです。

日本のアリはよそ者が入ってくると殺しにかかるそうです。ここで気を付けないといけないのは、日本のアリをヒアリと間違えて殺虫剤で殺してしまうことです。ですから日本のアリを殺虫剤をかけてしまうのはなしですが、日本のアリを応援してヒアリを日本から追い出してしまうという作戦はアリなんです。