最近高齢者による逆走やペダルの踏み違いによる事故が連日報道され、高齢者は免許を自ら返納するように促されています。逆走や踏み間違いによる事故は、高齢者だけではなく若い人にもあるようですが、どうしても報道は高齢者の事故に偏りがちな気がします。

もちろん高齢による勘違いなどもありますが、逆走などは道路の作り方にも問題があるのではないかと思います。間違えそうな道路は車線を色分けするとかで、かなり防げるんじゃないかと思います。特に初めて走る各地の首都高速などはナビがないと、とても走れない。

とはいうものの、やはり高齢による思い違いや体力は確実に若い頃より落ちるのは、間違いないことで、免許を自主返納した人が生活の足を奪われると、とても不便を感じます。そうした時には、やはり免許のいらない自転車ということになりますが、体力も落ちているので電動アシスト自転車ということになります。

ところが自転車というのは、いつも乗っている人にとっては体力が続く限り何歳になっても乗れますが、久しぶりに高齢になってから乗ってみると乗れない方が少なくありません。自転車は2輪でバランスをとって両手両足を使って走ります。高齢者にとっては、ある意味とてもいい運動なんですが「若いときには乗ってたから大丈夫だ」といわれる方でも、乗ってみるとふらふらで乗れない人がいます。本人にとっては非常にショックのようですが、自動車に乗れなくなってから乗るのではなく、乗れるうちから少しでも乗っておくのが良いと思います。