今年の夏は暑かったですね。朝の予報が33度くらいだと「今日は少し楽だな」と思うほど37度や38度はきついのであります。犬も寒さに強い犬種は夏は弱いのでありましてラブラドールレトリバーも冬は元気なんですが夏は弱いんですね。

ウチにもラブラドールがいますが、もう15歳の老犬です。15歳といえばもうかなりの年寄りなんですが、外で飼っているんです。よしずとかで影を作ったりしていますが、さすがに37度くらいになると見ているだけでかわいそうです。動物虐待だといわれてシーシェパードやグリンピースなどの団体から攻撃を受けても困るので、少しでも涼しくなるように犬小屋の周りにミストをつけました。

ずいぶん違うような気がします。本当は自分が1時間くらい犬小屋の中で昼寝でもしてみると犬の苦労が分かると思うんですが、犬臭くなると仕事にも支障が出るのでやめておくことにしました。

若い犬でもきつかろうに、この暑さは老犬にはきつかろうと、いぬは汗をかかないのでハアハアと口から温度を必死に放出させるしかないので水を体にかけて冷やしてやるのがいいでしょう。年寄りの冷や水といいますが、老犬に冷や水はきっといいに違いありません。私は冷えた麦茶をのみすぎてゲリッピーになりました。まあ、この暑かった夏もやっと涼しくなりかけてきた気配です。

とりあえず、ウチの老犬はこの夏を乗り切ったようです。最近歩くのもふらふらしていますがエサだけは残さず食べます。年をとっても食欲だけは衰えません。自分を見ているようです。