月曜の朝は金環日食を見た方が多いでしょうね。聞いてみるとメガネがなかったからそのまま見たと言う人も多かったようです。

私はカメラの前にメガネを当てて撮ってみました。これでも200ミリの望遠レンズです。35ミリカメラで言うと300ミリです。感覚的にはもう少し大きく見えたんですけどね。

MAXのときは、曇りとか夕方の暗さとは別の明るさで、空気もひんやりしてました。

金環日食より皆既日食を見てみたいんですが 皆既日食は見られる場所が狭いので、よほど運が良くないと、そこに行かないと見られません。

今回の金環日食はこちらでは見え始める時間に雲がなくなって抜群のタイミングで見られました。きっと多くの人たちが見たことでしょう。

6月6日は金星が太陽の前を横切るそうです。また日食メガネが使えます。黒い点が見えるだけなので迫力はありませんけど。黒猫が前を横切る方がよっぽどビビリますけどね。