東山動物園のニホンザルの「ムコドノ」が脱走して住宅街にも出没しているようです。脱走したと言っても、もともとムコドノは外から塀を乗り越えてやってきた野生の猿で脱走しても元に戻っただけと言うことになりますが、メス猿しかいないところに飛び込んできたわけです。

普通は超えられない4mの塀をもっと高くして6mにしたのに飛び越えたそうです。驚異的な身体能力なのであります。人間だったらオリンピックに出て金メダル級です。ムコドノはメスざるの群れに入って最初はいじめられていたそうですが、8匹の赤ちゃん猿今は父親でもあります。

この驚異的な身体能力の遺伝子を持った子供たちの中から、もっとすごいジャンプ力を持った猿が出てくるかもしれません。塀をもっと高くするか正倉院のねずみ返しのようなサル返しをつけなくてはいけません。ウチも買ったお客さんしか帰れないように、お客様返しをつけようかと考えているのでありますが、「また来ます」と微笑み返しをされてしまうのであります。