「米航空宇宙局(NASA)は23日、宇宙ごみとなって徐々に高度を下げている大気観測衛星「UARS」

(長さ約10メートル、重さ約6トン)について、米東部時間23日深夜から24日未明にも大気圏に突入し

落下する可能性があると発表した。日本時間の24日正午前後から夕方にかけての時間帯になる見通

し。」なんだそうでありまして、要するに今日の午後人工衛星の使えなくなったものがゴミとして落ちて

くるらしく、ゴミと言っても破片は26個で1個150kgもあるようなものもあるんだそうです。

 それが人に当たる確立は1/3200とか言っていましたが、この確立って結構高くないですか?

 たぶん私が総理大臣になる確率よりは確実に高い。宝くじに当たる確立よりもたぶん高い。

 ならば、いっそのこと自宅の庭に落ちて欲しい。落ちたらもらえるんでしょうか?おまわりさんに

 届ければ1割くらいもらえるんでしょうか?きわどく外れて隣に落ちたら「ぎりぎり落ちない」という

 ことで受験の神様になれるかもしれない。夢が膨らむ。

 と、これはあくまで落ちる前の想像でありまして、実際に誰かに当たってとんでもないことになると

 不謹慎だと攻撃を食らう可能性があります。よく考えてみるとどこかの原発にでも当たったら大変

 なことになりますねぇ。