愛犬の肛門に出来物があるのを1年位前に発見してたんだけど、狂犬病の注射のとき病院で

 ついでに見てもらったら「これは去勢していないワンちゃんに多いホルモンが原因の腫瘍

 ですから手術しないといけません。ついでに去勢手術もしたほうが、新たに腫瘍ができる

 のも防げます」って言われました。

 ウチの犬も高齢になっていますので、今さら手術せにゃいかんのかとも思いましたが、寿命

 がある限り腫瘍もでかくなっていくのなら、それもかわいそうかと手術したわけです。3日ほど

 病院に預かって迎えに行くと肛門の周りの毛は剃られているので坊主頭のようになっていま

 して縫った後が痛々しい。「去勢すると太りやすいので気をつけてください」と言われました。

 ちょっと餌の量を控えたほぷがいいかもしれません。

 毎朝ウンチをさせに散歩に行くと、痛々しい傷跡の肛門が見えて気持ち悪い。気持ち悪い

 ので食欲がなくなる。犬の餌は控えめにしたが、自分の餌も食欲がなくなって減った。これで

 痩せたら「犬の肛門ダイエット」と言う本でも書こうかと思うが売れるだろうか。