今日は七夕。あいにくの雨です。天の川は見えません。と言うより、よほど暗くて空気の

 澄んだところに行かないと天の川は見えません。ですから、天の川を見たことない人が

 多いと思います。実際に見てみると、確かにそれは天にかかった川のように見えます。

 織姫と彦星は、1年に一度七夕の日に天の川を越えて会えると言うことになっていますが

 織姫と彦星は恋人だと思っている人が9割だそうですが、本当は夫婦なんだそうです。

 それぞれが機織と牛飼いの仕事を怠けてしまうので、織姫の父親が引き離してしまい

 七夕の日にだけ会えるようにしてしまったそうです。

 織姫と彦星も、いつも見張られているのもたまったもんじゃありません。しかし実は会って

 いるのは、どうも七夕の日だけではないようで、思いもよらぬ理由で会える日があるそう

 なんです。それを「たなぼたの日」と言うそうです。