福島原発の事故で近隣の方たちは避難生活がいつまで続くのか不安な毎日で自営業の

 人や農業などその場所でしか仕事のできない人たちは一体どうすればいいんでしょうか?

 政府と東電はできるかぎりの補償をするということですが被害額はとても補償できる額では

 ないんでしょう。

 この目に見えない放射能というものは、現実的にはどれだけ怖いものなのか今までかかわりの

 ない人にはよくわかりません。ところがYou Tubeを見ていたら東京大学の医学博士で稲教授

 という人は、今回の事故の放射能のレベルはチェルノブイリ事故や原爆のレベルとは根本的に

 違って、気にするレベルではなく、むしろこのレベルの微量な放射能は体に良いと言っています。

 これが本当なのかどうなのかは分かりませんが、確かにラドン温泉などは放射線がでている

 温泉で0.3~0.5μSvくらい出てるそうです。福島原発周辺でもこのくらいのところは危ない

 どころか体にいいくらいなんでしょうか?実際放射線技師の人たちは一般の人たちより

 がんになる確率が少ないそうです。

 これが本当であれば、福島の非難区域は危ないどころか、保養所として脚光を浴びたり

 する可能性があります。そうあってくれるといいですね。ほうじゃの~。