最近少し口蹄疫ののニュースが減ってきました。終息に向かっているんでしょうか?畜産業の

関係者の方たちは大変でしょう。松坂牛の多くが宮崎産の牛だったのは知りませんでしたが、

大切に育ててきた牛たちを殺処分しなければならないのは、さぞ無念だったでしょう。

何で最近、鳥インフルエンザ、狂牛病、口蹄疫などが次々に出てくるんでしょうか?

今までもあったけど一般人たちが知らなかっただけなんでしょうか?口蹄疫なんていうのは

「何とか病」という病気の名前でないので、初めて聞いたときには「なんのこと?」と思いました。

「こうていえき」といえばユンケル黄帝液くらいしか聞いたことがありませんでしたが、感染力が強く

人間が運んでくることが多いそうです。韓国で少し前に発生したということで韓国から帰ってきた

人が運んできた可能性があるようです。

口と蹄(ひづめ)に湿疹のようなものができるので口蹄疫と言うそうで、二つに割れた蹄の偶蹄類

の動物に感染するそうなので鹿なども感染するようです。馬は蹄が割れていないのでうつらない

ようです。

生ものや動物相手の商売は、病気や細菌のことで気を使って大変だなあと思います。その点

自転車バイクは腐らないのでいいんですが、古くなれば商品価値もなくなるので、どんどん回転

させないといけません。回転させればいいかといってもタイヤだけ回転してもだめなんです。

みなさん、いっぱい買ってもらって回転させていただけませんか?