清正井の写真を携帯の待ち受けにしたせいなのかロト6の5等が当たった。5等といっても1000円です。200円を5つ買って1000円の当選ですからチャラ。そこで、その1000円でまた5つ買ったら4等が当たった。今度は8600円。

今度は3等が当たる計算になる。3等は50万前後だろう。そうするとあと2回でついに1等が当たる計算になる。今のうちに1等があったときの事を考えておかないといけない。宝くじで1等が当たると、どこからか当たったことがばれて寄付の勧誘があったりするという噂があるが、誰かが当たったなんて話を聞いたことがない。

もしばれるとすれば、換金した時の人が誰かに話さない限りわからないだろう。大金が入ると人生が狂うという人がいるが、もう充分予定より狂っている。でも罰が当たりそうなので500万くらいは寄付してもいい。でも、寄付すると当たったことがばれてしまう。

まあ、1億くらいは自分で使って、あとは子どもたちに分けてやろう。金の延べ棒にして土の中に埋めておくのがいいのか。埋めておいて忘れてしまったらどうするのか。非常に困った。どうするのが一番いいんだろう。一番いいのは、当たってから考えることだろう。