まあ、若く見られるほうですが、別に若く見られても嬉しいほどではありません。20歳代の頃は中学生くらいの子に「おじさん」と言われるのにも少し抵抗がありましたが、最近はすんなりと受け入れられるのです。

ところが30歳代、40歳代の方に「おじさん」といわれる今日この頃。平静を装っていますが、少々動揺してるのであります。「最近ふけたのかなあ?」しかし呼ぶ側にしてみると「おにいさん」と呼ぶのもおかしい。おにいさんとおじさんの中間の呼び方はないんだろうか?「呼び方がないから、仕方なくおじさんと呼んでいるんだな・・。」

と、全く本人以外には、どうでもいいことを考えるのは陽気のせいでしょうか?