153号線は飯田街道と呼ばれ、尾張名古屋から信州飯田を結ぶ街道です。以前は曲がりくねった道路でしたが今では走りやすくなったので、中央道を使わなくても大きな時間の違いはありません。温泉好きの方は途中の「どんぐりの湯」とか「ひまわりの湯」なんかが人気のようです。

この153号線の稲武の交差点を名古屋方面から左折すると257号線に入り恵那方面に向かうと「川手トンネル」があります。

この川手トンネルはメロディトンネルになっていて速度50キロで走ると車のロードノイズが「どんぐりころころ」の音楽になって聞こえます。このトンネルを過ぎると下りカーブになっているのでスピードオーバーにならないように時速50キロで「どんぐりころころ」が聞こえるようになってます。無理やりスピードを落とさせる方法ではなくイソップ童話の「北風と太陽」のような方法ですね。

ウチも北風のように無理やり買ってもらおうとは思っていません。やんわりやんわりと太陽のような暖かさで買っていただこうと思うのであります。暑苦しいって言ってるのだあれ?