ずっと視力が2.0だったので老眼になるのが早かった。35歳くらいで本や新聞を読むのに手を伸ばさないといけなくなった。最近は近くの物を見るのはメガネがないと絶対無理!

でも普段の生活にはメガネが要らない。だから、はめたりはずしたりするのでメガネをどこかに置き忘れることが多いんです。ひどいとメガネをかけたままめがねを探すことすらある。

本屋さんに行ってメガネを忘れたのに気が付くと、もうがっくり。お手上げです。まあ、近眼の人もある程度の歳になると、近眼老眼の遠近両用のメガネが必要になったりしますのでめがねが全く必要ない!なんて方は幸せ者です。

特に薄暗いところで細かい物が見えづらいんですね。自転車やバイクの車体番号などを見るのにライトなんかがいるのです。

先日息子の自動車が調子悪いって事で、買ったときのセールスマン(昔からずっと知ってる)が夜来てくれたんですが「これは一度乗って帰って直してきます」ってことになりましたが「要るもの出しといて下さいね。これはいいですか?しゃぶしゃぶのカード」「ん~?しゃぶしゃぶのカード?そんなに、しょっちゅうしゃぶしゃぶ食べに行ってるんかいな?」「まあ、出しときます。はい」「しゃぶしゃぶって書いてあるけど、しゃぶしゃぶにしては安っぽいカードだなあ」と、「じゃぶじゃぶ」と書いてあるクリーニング屋さんの会員カードを見ての老眼の二人の会話でした。