親戚のお通夜に行きました。すごく大勢の人が、ご焼香にこられました。知り合いの多くの方も見えました。ありがたいことです。

死んだおやじの言ってたことを思い出しました。「結婚式には行かなくても良いが葬式には行ったほうが良い」 何でそんなことを言うのか、その時はわかりませんでしたが、最近は「本当だなあ」と思うようになりました。

葬式は最後のお別れです。もちろん仕事関係の付き合いもありますが、出席は「任意」ですから出たい人が「わざわざ」やってきます。なんていうか、その人の人望がわかるものでもあります。

そんな多くの人が来ているのを見て「自分の葬式には、一体どれだけの人が来てくれるんだろうか?」なんてことを考えました。自分の葬式を魂だけでも上から見て見たいと思うのでありました。いや、見ないほうがいいかもしれない。たった数人しかいなかったら、寂しすぎる。多いときだけ見て見たい。と、相変わらず勝手なことを考えるのでありました。