バイクや自動車を運転する際に自賠責保険に入っていないと乗ってはいけません。

「事故で相手の車がへこんじゃったんですけど、自賠責保険の控えないですか?」という電話が、たまにあります。自賠責保険で相手の車は直せないんですね。

自賠責保険は相手が怪我をした場合に、保険に入っていないと治療が出来ないと困るので、最低限は法律で入っていないといけない保険。強制的に入らないといけないので「強制保険」とも言われます。人身にのみ適用です。いざとなれば3000万円の力があります。

しかし3000万では足りない場合もあります。こんなときには任意保険の対人保険で上乗せします。1000万とか無制限とか。この金額は相手1人に対してですから、相手が複数の場合は、一人一人に対して、それぞれその金額が対象になります。

ところが対物保険の場合は1事故が対象ですから、例えば電柱にぶつかって、電柱が倒れて駐車中の車5台をつぶしてしまった・・なんて場合は全部でその金額しか出ません。

自分の車は車両保険に入っていないと直せませんが、バイクの場合は保険料が高いのであまり入っている人は少ないですね。搭乗者保険は原付は他に乗せないからいらないという方もみえますが、搭乗者は運転者本人も適用ですから、できれば入っておくと万が一の際には有効です。ただ、搭乗者保険はかかった治療費が出るのではなく、1日いくらという定額制の場合が多いので、治療費より多くでる場合もありますが、少ないことも多いです。こんなときには人身障害特約がついていると自分の過失部分もほとんど出ます。車両保険の「人間版」という感じです。

事故が初めての場合は、どうして良いのか分からない場合が多いので、知っている人に聞くのが一番です。最近はネットでも保険には入れますが、安くしようとして本来必要な特約など省いてしまうと、いざというときに使えない保険になってしまうので、気をつけてください。