ゴールデンウィークもほとんどの人は終わり、仕事が始まっています。今年のGWは不景気の影響で「安近短」ということで近くて安く済ませるのが多かったようです。

とは言うもののETCでどこまで行っても1000円なので、この際遠くへ言ってみようという人も多かったようで高速道路は渋滞が多かったようですね。

不景気だと安い物しか売れないと思うんですが、実際のところ安くてもくだらない物にお金を使う人も少なくなり、少々高くてもいいものを買ったほうが経済的であると考える人も少なくありません。現実的には少しはばかり余分に出して良い物が欲しいと言う方が増えてきているように感じます。じっくりと良い物を選んで購入する人が多いようです。

自転車も輸入品が増えて1万円を切るような自転車が、出回ってきた頃ウチの店なんかは「ここは安い物はないよね」なんてことをよく言われましたが、最近は「ここの物なら長く使える」といってもらえることが多くなりました。最近では安い物ならどこでも買えると言う考え方もあり、本当に欲しい物は、いいものを買える店を見つけるのが大変なくらいです。「ちゃんと説明してくれて、面倒も見てくれる店」は不景気でも、そこそこちゃんと売れたりするものであるようです。と、いうことで不景気にこそウチへどうぞ。