映画「アバター」を見てきました。3Dで。偏光メガネをかけると3Dで見られます。ストーリーは見てない人のために書きませんが、いまの3Dはすごいですね。この映画は3Dでも飛び出すと言うより奥行き感があります。字幕も浮いてる感じです。

目がちらちらして気持ち悪くなってしまうのかと思いましたが、クリアな感じです。3DもすごいんですがCGもすごい。実写と区別がつかないほどのCGです。ここまでくるともう俳優も要らなくなります。全部CGでできてしまうんじゃないでしょうか。これからの映画は3Dが主流になっていくんだろうなあと感じました。偏光メガネは色が少し着いているので映画を見ると画面しか見えない。いつもの映画のように観客が見えないので画面だけが見えるというか視野が狭い?画面が少し小さく感じました。多少前で見たほうがいいかも。

3時間近くの映画ですが、タイタニックの監督のジェームス・キャメロン。金かかってるだろうなー と言う感じですね。CMでは気持ちの悪いのが出てきて、怪獣の出てくるSF映画かと思いましたが、ストーリーが進むにつれてかわいく思えてしまうのは、監督の策略どおりでしょうか。気持ちが悪くてもかわいく見えるのは、きっと「アバタもえくぼ」なんでしょう。