一人暮らしのおばあちゃんから電話がありました。「ちょっと来てくれ」と。用件は来たら話すということです。

行ってみると「息子が中古の電動自転車を買ってくれたんだけど、充電しても少ししか走れない」ってことでした。バッテリーがだめなんですね。「あんたに前から電動自転車にしろって言われてたけど、まだいいと言ってたから・・。息子も買ってやるといってたけど遠慮していいって言ってたら、オークションで中古の買ったから送ってくるから受け取ってくれと電話があった。乗ってみると、確かに楽だね。でも走れない」ってことです。

中古っていくらしたの?と聞くと3万くらいだそうです。バッテリーはこのタイプは35,000円位しますから合計で65000円です。「もう少しで新車買えるよ。中古はバッテリーがだめだとよほど安くないと損なんだよね」というと「あんたに言われたときに買えばよかった。でも、息子が、良かれと思ってしてくれたことだから、今回はバッテリーを取り寄せてくれないか?」って言うんです。まあ、そうですね。ここで新車にしたら息子さんの気持ちが無になります。

いろいろ組み方にも問題がありそうだったので「バッテリー取り寄せる間に整備しなおしてあげるよ」ということになりましたが、息子が買ってくれるというときには買ってもらっといたほうが いいなあと、それからいろんなことを話してくれましたが、親は子に迷惑かけちゃいけないと 遠慮しますが「買ってやる」と言われたときには買ってもらったほうが子供も嬉しいもんです。

ですから、そんなときには遠慮しないで買ってもらいましょう。親も子供も両方が嬉しい。結構なことです。そして何より私も嬉しい。結構なことです。