ミシュランガイドが売れているそうです。外国人が日本食を評価できるのか?という意見も多いそうですが、あんな高そうな店ばかり紹介されても、全然縁のない自分には、買ってもしょうがないので、B級グルメの本でも出して
くれた方が、よっぽど役に立つと思っているのは私だけでしょうか?

そもそも、どうしてタイヤメーカーがレストランの格付けなんかするんだ、と思いますが、ドライブに出かけたときに、おいしいレストランを紹介するガイドブックを作っているうちに権威が出来てしまったようです。

ミシュランと言えば、あの全身3段腹のようなキャラクター。あのキャラクターの名前は「ビバンダム」。そしてあのビバンダムは、ミッキーマウス、play boyのうさぎ「世界三大キャラクター」のひとつです。

今時のキャラクターは、ミッキーは不動の地位ですが、スヌーピーとかピカチューなどもいるようです。人間は世界共通で3つに決めたがるのでしょうか?「日本三景」「3大夜景」「金、銀、銅メダル」など・・。

まあ、なんでも格付けするのは勝手ですが、誰かが勝手に格付けしたって、みんな好きなものは人それぞれですからねぇ。甘いもの好きな人もいるし嫌いな人もいる。脂っこいもの好きな人もいるし、嫌いな人もいる。年取ると味の好みも変わるんです。格付けなんて、見方を変えればいい加減なもんです。

最近話題のサブプライムローンの問題も、そもそも専門家の格付けがいい加減でおきたことですからね。ですから、この際、見知らぬ人の意見を聞いてみるのもいいと思います。これを「ミシランガイド」と言います。