今日は中秋の名月。日進のこの当たりでは「お月見泥棒」で子どもたちが
 張り切る日でした。お月見のお供え物を、ここら当たりでは、もらっても良いと
 いう暗黙の了解があります。昔は頑固おやじが縁側で見張っているところを
 こそっと饅頭やふかし芋をいただいたものです。

 が、時代は変わり今は堂々と「お月見泥棒でーす」と言ってインターホンを鳴
 らして子どもたちがやってきます。お菓子も一つ一つパックされたものが多く、
 一つづつもっていきやすいようなものが増えているようです。

 この日は夕方から子どもたちが待ちの中を自転車で走り回るので、なるべく
 夕方は車の運転はしたくありません。子どもたちも怪我のないようにして欲し
 いと思います。このイベントがなくならないように・・・。このあたりだけの風習
 のようですからね。

 と、言うわけでお菓子がいっぱい売れる時期でもあります。