ウチの店には、いろんな営業マンが来ます。メーカーの人。銀行の人。タイヤ屋さん。営業の人は大変ですね。売れないものをいかに売るのが実力です。

売ってる物が、売れる物なのかなんてことは重要ですが、同じ物を売っているのならやはり気の合う人とか、話の合う人に注文することが多くなります。

メーカーの品物は、そこでしか仕入れることが出来ないので、そこで買うことになりますがそれでも「今月足りないから(ノルマ)買ってください」なんてことになると、やはりモノをいうのは営業力になります。

営業力って何だ?って考えてみると仕事以外の話が、どれだけできるとかってことは、かなり重要かなあと思います。まあ、要するに下らない話がどれだけできるかってことでもあります。

下らない話をするだけして、和ませておいて「で、買ってください」と言われると「しゃあないなあ」ってことになります。

この法則を利用して、下らない話をするだけして「で、これでどうですか?」と言っても100%買ってもらえるわけでもありません。きっと、下らない話オンリーでもいけないんだろうなぁ。

下らない話を聞きたい人は、加藤サイクルへレッツゴー!