最近2サイクルエンジンと4サイクルエンジンの違いを分からない方が多いですね。
私たちが中学生の頃は、技術家庭の授業でエンジンを勉強しましたが、今はパソコンなどの授業が多くて、エンジンのことはやらないようです。

2サイクルエンジンは、ピストンが下がって上がる2ストロークで一回爆発します。エンジンが1回回るごとに、つまり毎回爆発します。エンジンオイルはシリンダーにガソリンの混合気と一緒に入って燃えて出て行きます。ですからオイルが燃えるので、煙が出ます。毎回爆発するので音がうるさいのが短所ですがパワーは出ます。オイルはガソリンと同じように減っていくので、無くならない様に継ぎ足します。

4サイクルエンジンは吸気、圧縮、爆発、排気をピストンが上下するごとに行われますから、ピストンが4ストロークして1度爆発します。エンジンが2回転で一回爆発です。吸気、圧縮、爆発、排気を確実にするので燃費がよく音も静かです。オイルはエンジンの中で循環するので燃えて出て行きませんが、汚れるので定期的に交換しないといけません。

今回、排気ガス規制で2サイクルエンジンは規制にクリアするのは不可能なのでなくなってしまいますが、乗れなくなるわけではありません。メーカーは生産できなくなります。4サイクルエンジンもキャブレターの物はクリアできないのでインジェクションにすべて移行します。

環境保護のために仕方ありませんが、小排気量には2サイクルエンジンはパワーが出しやすく構造も簡単でコストの面でも有利でした。2サイクルファンには寂しい話ですが、今回の規制はかなり厳しい規制ですので、メーカーは生産コストも上がり各モデルは価格も原付で2~3万は上がるようです。

人気の車種も廃盤になる物が少なくありません。お客様に話をすると、知らない方が多く「え~、なくなっちゃうの~」と残念がる人が多いです。

今のうちに、欲しい物を買っておきましょう。お金がなくてもローンと言う便利な物もあります。金利はバイクの値上がり分より安いです。急ぎましょう!

あ、どこ行くの?そっち行っちゃダメ。行くなら加藤サイクルへレッツゴー!