「ただ動きさえすればいいから安いスクーターない?」とよく言われます。
「じゃあ、これは?」と答えると「これは色が良くない」「もう少しかっこいい方が・・」と、答えが返ってきます。

気持ちは分かるんですけどね。色が悪いとか、かっこよくないから安いんですよね。かっこよくて、誰でも欲しがるものが安い場合、エンジンの調子が悪いとか何か原因がないと一般的には安くないですね。

安すぎるものは要注意です。お店が販売する以上、すぐ壊れたら直してあげないといけませんから、販売する側もすぐ壊れそうなものはリスクがあります。かといって、点検しても壊れる場合があります。新車だって壊れる場合がありますから。

エンジンばらばらにして点検して販売すればいいですけど、そんなことしたら高くなってしまいますから、音とか振動とか試乗とかして判断します。それでも故障する場合だってあります。問題なのは、そのときに対応してくれる販売店かどうかってことです。

「2週間前によそで買ったバイクが壊れたんですが直してもらえますか?」って人がいました。「買ったお店に行って直してもらった方がいいですよ。ウチでも直しますけど、ウチだとお金かかっちゃいますよ」と答えると「行ったけど、中古だからしょうがないねって言われた」

「だって、2週間でしょ?それに、この故障はあなたに責任のある故障じゃないと思うよ」
「そうですけど、もう行きたくないんです」って。「じゃあ、できるだけ安く済むように修理します」って修理しましたけど・・。

まあ、お互いの言い分もあるでしょうから、そのお店もいい訳があるのかもしれませんが・・。

ここ最近、中古を探している方が増えました。暖かくなってきましたからね。中古でも、まあまあのスクーターなんかですと本体で5、6万します。もっと安いのも高いのもありますけど。新車が8万台からありますから、長く乗る予定があれば新車買った方がお得です。

なぜかと言うと、排気ガス規制で8月までしか今のモデルをメーカーは作れないんです。それ以降は2サイクルやキャブレターの物はなくなってしまいます。値段も当然高くなります。若い子に人気のよく走る2サイクルのジョグZRなんかも欲しくても買えなくなります。中古だって高くなるでしょうね。

長く乗るつもりのない人だって、後で売ること考えれば中古買っても新車買っても差し引きしたらランニングコスト変わらないかもしれません。

ということで、バイクが欲しい人は、今すぐ加藤サイクルへレッツゴー!!