GWに初めてトヨタ博物館に行きました。
近いからいつでも行けるってことで、今まで行きませんでしたが、入場料が半額だったので行ってみました。

全体的にはクラッシックカーが多かったです。

写真の「トヨダ」(トヨタではありません)は大卒の初任給が70円のときに3300円くらいの値段だったそうです。名古屋の一戸建てが変える値段だそうです。レストアに1億かかったそうです。

自転車でさえ村長さんくらいしか乗れなかった時代に誰が買ったんでしょう?
買う人は、いるにはいたんでしょうが、量産するほどいたんでしょうか?

こんなものもありました。これ、ホンダのカブ。今のカブとは違いますね。まさに原動機付自転車。ウチのおやじが威張って写ってる写真と同じ頃のやつです。この頃はブリヂストンなんかもバイクを作ってました。

この頃のものは、良く壊れたんでしょうけど魅力はありますね。なんでも完成され過ぎると魅力がなくなるものです。

人間も同じ。完璧な人より、少し抜けてる
方が可愛げがあって魅力的です。しかし支払いは完璧にしましょう。