この辺りの小学校の卒業式は20日の火曜日だそうです。おめでとうございます。思えば小学校時代の6年間は長かったなあと思います。今はあっという間に1年が過ぎます。中学の3年間もそこそこ長かったような気がします。

3年間毎日通学に使う自転車は(徒歩の方もいますが)丈夫さが重要です。「ここで買った自転車は3年間何ともなかったけど、安いの買ったら壊れてばかりで、かえって高くついた」なんて話を聞くと「でしょ?」なんて思います。

新車のときは、どれでもきれいですから良い悪いが区別つきにくいんですが、半年くらい使うと差が出てきます。タイヤなんかも半年くらいで磨り減ってしまうものもあります。修理をしていると、よく分かりますがパーツの良否が大きく、耐久性が全く違います。

特にタイヤのついているリム(金属の輪)は、通学用にはステンレスが絶対にお勧めです。アルミは軽くて良いんですが、衝撃に弱く、アルミでも断面が二重構造になった丈夫なものもありますが、安いものは弱いのが多いですね。

前輪ブレーキはリムにブレーキシューを擦り付けて摩擦で止めるタイプのブレーキが一般的ですが、アルミは水をつけてこすると、黒ずんだ水が出ますよね?あれが黒い学生服に飛ぶと汚れるんです。雨の日のブレーキで汚れます。安い自転車のフロントフォークはブレーキ周りが汚れていて、手で触ると真っ黒になります。

人気のブリヂストンのアルベルトはフレームはアルミですが、通学を考えてリムはステンレスを使っているのは、そんな理由からなんです。

ところが、アルベルトでも専門店以外で売っているアルベルトは、アルミリムの物があるんです。よく見ると、数点パーツが変えてある。じゃあ、安いかって言うと安くないんですね。ウチより高い。

早い話、何が言いたいかって言うと、カトウサイクルで買って下さいって事が言いたいんですけどね。あー、それと私のアホ面は一見の価値ありですよ。