自転車のタイヤは今でもチューブが入っていますが、バイクや自動車のタイヤは今は入っていないチューブレスタイプが多いですね。チューブレスタイヤはタイヤとホイールが密着して空気が漏れないようにしていますので、スポークなどを使ったリムなどはスポークをつけるニップルが入る穴があるので、チューブレスには出来ません。一部あることはありますが。

チューブレスタイヤはホイールとタイヤのビート部分が密着していないと空気が入りません。タイヤ交換の際には隙間があるとなかなか入ってくれません。コンプレッサーで一気に大量の空気を送り込んでやらないと入りませんので自転車のフットポンプなんかでは大変です。

タイヤを保管するときに横積みにしておくと潰れているのでホイールと密着しないので保管中にはダンボールの型紙なんかを入れてつぶれないようにしてあります。スクーターなどのタイヤなどはペシャンコになっていると泣けてしまうほど空気を入れるのに苦労することがあります。

しかし、このダンボールを抜いておかないと、どこかの国の餃子のようにダンボール入りのタイヤになってしまいます。