モミジというのは紅葉する樹木のこと。手みたいな形の葉でモミジって呼ばれるのはカエデです。カエデはモミジだけれど、モミジはカエデとは限らない。まあ、カエデでもモミジでも綺麗ならいいんですけど。

香嵐渓は今や全国有数の紅葉の名所のようです。最近は関西などからデカイ観光バスがシーズンになると押し寄せます。ここ数年の香嵐渓の混み様は尋常ではありません。明日から1ヶ月ライトアップが始まりますから、153号線は渋滞しそうです。

渋滞しても一度は行きます。紅葉も目的の一つですが、本当の目的は・・。「三州足助屋敷」の前で中国からやってくる『刀削麺』を食べに行くのです。秘密の裏道を通って・・・。今年は無理かな・・?バイパス工事してるから・・。

『刀削麺』は万博で有名になりましたが、香嵐渓ではずいぶん前からやっています。初めて食べた時に、うまかったので毎年食べに行きます。もうかれこれ10年くらい?でしょうか・・。ついでにジジ工房のウインナー、五平餅を食べて満足して帰ってきます。

『刀削麺』は最初の頃は1種類でしたが、最近は何種類かあります。私はいつも頑固に一番シンプルなやつを食べます。みなさんもぜひ食べてみてください。お勧めです。足助屋敷の北側にある香積寺を階段で少し上って門の中から紅葉を見ると綺麗です。まだまだ香嵐渓の紅葉は先でしょうね。

あと、曽木公園の逆さモミジも綺麗です。バーデンパークの前の公園です。「お出かけ情報」のバーデンパークをご参考に。小さな池に映るライトアップされた紅葉です。正直言うとライトアップした紅葉は期待してませんでしたが、見てみるとなかなかのものでした。今年は11月16日から25日です。期間が短いので、のんびりしていると終わってしまいます。こちらにも屋台が出ます。夜でも晴れた日がお勧めですよ。池が鏡のようになっていないと映りませんから。