中部地方では蟹と言えば越前蟹。福井県沖で取れるズワイガニの雄。雌はセイコ蟹で、京都府から島根県にかけて取れるのが松葉蟹。近畿地方の人は松葉蟹の方が身近なようです。

その松葉蟹の有名な地方の中に香住というところがありますが城崎温泉などにも、ここの蟹が運ばれるようです。11月から3月くらいまでが解禁日なので、その時期に蟹目当ての人がいっぱい行くようです。5月くらいに香住に泊まった時には松葉蟹ではないベニズワイガニってのがいっぱい出ましたが、蟹というのは一生懸命食べないといけないので、無言になります。

隣の部屋の老夫婦は話し声が多い。仲居さんに「隣の夫婦は、おしゃべりだね」というと「お隣さんは蟹じゃなくて「のどぐろ会席」のコースだ」といわれた。のどぐろのいい季節なんだそうです。しかもこの香住地方ののどぐろは「キス場のノド」といって脂がのっておいしいんだそうです。キス場のノドってなにかというと、ニギスのよく取れるところののどぐろは脂ののったニギスをいっぱい食べているのでおいしいんだそうです。

季節外れの蟹なんか食ってる場合じゃなかった。のどぐろは主に日本海で取れるアカムツのことで高級魚とされています。どうして「のどぐろ」っていうのか聞いてみると、「口の中をのぞいて見るとわかるんですが、のどの中が黒いんです」 で、のどぐろ。私は腹が黒いんです。で、はらぐろ。脂ものってます。